桜づつみ河川公園:長井市内の静かな巨大スポット




長井市で最上川堤防千本桜を堪能した後、帰りにたまたま案内をみつけたので立ち寄ってみたら凄いことになってたの巻。

桜づつみ河川公園

長井市森地内を水害から守るための堤防強化を図るとともに、地域に潤いと憩いの場を設けるため桜などを植樹する「桜づつみモデル事業」として整備された公園です。

だそうです。

ロケーション

付近に到着し、堤防に上がる前から目に入る朝日連峰が美しく、桜とワンセットで楽しみたいところだが、そういう写真を撮ってなかったりする・・・

最上川の堤防沿いには、大変長距離に桜が咲き並んでいて、とても歩く気にならないほどなのでバイクで行く人や自転車で巡る人もいた。

景観は最高で、知名度と比例しないものだと思ってしまう。

アクセス・駐車場・トイレ

長井市内からほど近く、長井駅から車で10分もかからない。国道287号線を走ると案内の看板が見えてくるのでわかりやすい。

地図は下部に記します(駐車場の場所)。

入り口付近に駐車場があり、満開の時期は混雑することもあるがこの時期にしては空いているスポットだと思われる。

トイレも完備されているので便利。

開花時期

4月中旬~下旬

県内では標準的か、やや早め。

置賜さくら回廊

置賜さくら回廊には該当しない。実は長井市内には該当しない桜スポットがたくさんあるので、今後も取材を続けていきます。

名称 桜づつみ河川公園
(さくらづつみかせんこうえん)
見頃 4月中旬~下旬
規模感 ☆☆☆大
開園時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-87-0863/長井市建設課
アクセス 長井駅から車で約8分
所在地 長井市森




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!