蔵王国際ホテル:高級感あり、非日常感たっぷりな今年の温泉ベスト候補




蔵王ロープウェイの北側の細い坂の道路を上がっていき、高台にある豪華なホテルに到着しました。

日帰り入浴は蔵王温泉の中で料金は高めですが、その価値を十分堪能できると聞いていました。

その理由はすぐにわかります・・・

料金は1080円、湯めぐりこけしシール2枚です。

支払いを済ませて浴室へ向かうと徐々にムードある空間に巻き込まれていきます。

静か~

浴室に近くなってくると、通路沿いに足湯テラスがあります。こちらで風を感じながらユルーい時間を過ごすのもいいですね。

お湯は温めでした。

旅館やホテルでの日帰り入浴はロッカーがない場合が多く、不便に感じたり受付に預かってもらったりするのは億劫だったりするのですが、こちらは浴室前に鍵付きのロッカーがあるので嬉しい限りです。

脱衣所に入ると、天井が高くてとても広く、薄暗くなっているのは非日常感を増幅させます。

かなりの人数が同時に入浴できるほどのカゴの数がありますが、この日は誰もいない幸運に恵まれ独泉確定となります。

あらゆるアメニティが充実し、個室になった洗面台があるのは女性ウケしそうです。男にとってはどうでも良さそうですが、時間によって男女入れ替え制になっていました。

こういうのは嬉しいでしょうね↓

このほかに畳のスペースがあり、窓の外には露天風呂が見えます。この場所が気に入って入浴前と後、いつまでも座ってしまいました。

まずは内湯に入ります。少し薄暗い感じがムードを演出しています。

昨年は山形の非日常感ある温泉旅館の日帰り入浴3選」2016を行いましたが、この雰囲気は今年のベスト候補ですね。

入浴する前に料金の元はとってしまいます。

硫黄の匂い漂う室内にはたくさんカランがあり、浴槽はとても広いです。

完全掛け流しで加水なし、加温なし、循環なし、ろ過消毒なし、と完璧な湯使いの天然温泉。

体感温度は42℃、熱すぎない適温で時間を忘れます。

強酸性ですがPH1.9というのは蔵王温泉としては強くはないかなと。その違いを感じる人はほとんどいないと思いますけども・・・

次は露天風呂へ。

美しい・・・この白濁したお湯の素晴らしさ。

岩風呂になっていて情緒があります。葉ひとつ、虫一匹浮いていないほど清潔でした。

細かくて白い湯花が舞っていて、キラキラ輝く蔵王特有の温泉です。

露天とはいってもそれほど温度は低くなく、場所によって恐らく意図的な温度差はありましたが、よく温まる素晴らしいお湯でした。

ツルンとして肌にペタッと吸い付く感じもあり、湯上りスベスベ感があります。

強酸性でクレンジングして若返るので女性にオススメです。

素晴らしいことづくめで殿堂入りかなぁ。

 

以下、主に日帰り入浴者向け情報です。

施設名蔵王国際ホテル(ざおうこくさいほてる)
ジャンルホテル
住所山形県山形市蔵王温泉933
電話番号023-694-2111
源泉近江屋1号、近江屋2号、湯左の沢1号、湯左の沢2号源泉
泉質酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛
関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期
疲労回復、健康増進ほか
料金1080円
営業時間12:00~15:00
定休日無休
駐車場
源泉掛流し〇 源泉そのまま
サウナ×
露天風呂
貸切風呂
休憩所〇 日帰りプラン
食事処〇 日帰りプラン6,000円など
マッサージ
手ぶらデータシャンプー類、ドライヤーほかアメニティ充実
備考カギ付きロッカーあり




シェアすると編集者が泣いて喜びます

高性能なコンデジで遊ぼう「RX100」