100%源泉掛け流し「ホテル喜らく」 | 山形市

 
喜らく露天風呂







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

紅葉の季節になり、撮影したりで丁度いい感じに身体を冷やして温泉に入るしかなくなる状態にしましょう。

蔵王な紅葉

蔵王な紅葉

遠くから見ると紅葉が温泉街まで降りてきたのに気が付きます。

蔵王な紅葉2

蔵王な紅葉2

「ホテル喜らく」は蔵王温泉街メインの通り沿い、ロープウェイの温泉駅と山麓線の乗り口に挟まれた中間地点辺り、T字路付近に立地している。

駐車場は道路を挟んだ斜め向かいにもあるので、そちらに停めさせてもらう。いつもの事ながら、車から降りてタマゴ臭を感じる瞬間に気分が舞い上がる。

喜らく外観

喜らく外観

中に入ると階段があり、なんとなく洋風でエレガントな雰囲気がある。

すぐ左手に受付があり、ロビーにはお土産屋的な売店もあり、そのロビー沿いに浴室入り口が格子状になっているのに気が付く。

喜らくロビー

喜らくロビー

日帰り入浴は11時から15時になっている。私にとっていつもの入浴時間なので丁度いいのですが、この時間はどこの施設も空いていて、独りで湯に浸かる機会に恵まれる。

それは脱衣所に入った瞬間に気が付く。そのまえに脱衣所にロッカーはないので、貴重品は受付に預けておく。

喜らくに脱衣所

喜らくに脱衣所

脱衣所内には、山形県内の温泉地発掘歴史みたいな「山形県温泉年表」が飾ってあった。

蔵王温泉は原始時代からあるように記載されている・・・

山形温泉歴史年表

山形県温泉年表

脱衣所から内湯がみえて、さらに奥に露天風呂がちょっとだけ確認できる。

珍しいボディソープなどで洗ってから早速入浴へ。

内湯は木製の縁どりが施され、白濁して湯底どころが自分の身体すらまともに見えないほどに濁っていた。

浴室

喜らくに浴室

恐らく、本来はここまで濁った源泉ではないように思いますが、湯花が舞いすぎてこうなったのではないだろうかと想像します。

源泉を6種くらいブレンドした温泉は、加水、加温、循環、消毒など一切手を加えない100%掛け流し。加水すらしてないのは蔵王では珍しいかもしれない。しかし湯温は熱すぎず、むしろ長湯できそうなほど丁度よくて体感42℃くらい。

喜らくな湯口

喜らくな湯口

強い硫化水素臭がたまらなく心地よく、さらに追い打ちをかけるように新鮮なお湯が心を洗ってくれるのでした。

強酸性は肌にビリビリくるっていう人がいますが、それはいつまで経ってもわからないです。

露天に行くと、岩風呂になっていて周囲が目隠し的にすだれが囲っている。寒くなってきたせいもあり、湯気がブワッと上がってきて、その様子を撮影したいものだがうまくいかないのでした。

それと、湯に入るときには底が見えなくて深さもわからないので気を付けましょう。


以下、日帰り入浴の情報。

施設名 ホテル喜らく
ジャンル ホテル、日帰り温泉
住所 山形県山形市 蔵王温泉川前935−25
電話番号 023-694-2222
源泉 高見屋1号源泉、近江屋1号源泉、海老屋・山形屋源泉
海老屋源泉、松金屋源泉、川原屋源泉
泉質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能 関節リウマチ、腰痛、神経痛、五十肩、打撲、捻挫、冷え性
末梢神経障害、胃もたれ、軽症高血圧、糖尿病、痔、睡眠障害、
うつ、自律神経不安定症、病後回復期、疲労回復、健康増進、
アトピー性皮膚炎、表皮化膿症、きりきず、皮膚乾燥症ほか
料金 600円(1歳以下無料)
営業時間 11:30~15:00
定休日 無休 要確認
駐車場
源泉掛流し
サウナ ×
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所 〇 要予約
食事処
マッサージ 〇 要確認
手ぶらデータ シャンプー、リンス、ボディソープ、固形石鹸
備考
この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.