湯沼温泉 駒草荘=ふしぎな温泉を名乗るお湯を確かめに行ってみる

 
入り口







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

田園のド真ん中

高畠町に温泉があるのは知られていますが、太陽館むくどりの夢館だけではありません。

カーナビ通りに進むと、街から外れた山や田園地帯の間を走り抜けます。

遠い道のり

遠い道のり

外観が民家?と思えるところまでくると、駐車場に車がズラッと並んでいて、地元民で賑わっている様子を伺い知ることができました。

外観

外観

ふしぎな温泉?

お客の多くは日帰り入浴で、宿泊もできるので駒草荘というのはわかりますが、ふしぎな温泉ってなんぞや、と確かめることに。

入り口

入り口

中に入るとロビーがあり、いきなり卓球台が置かれていてプレイは無料だという。

椅子に座ってピクリとも動かないおじいさんの前を通り過ぎ、お客の年齢層を空気で感じながら受付で支払いを済ませます。

いきなりの不思議っぷりに動揺を抑えながら浴室へ向かいます。

浴室のれん

浴室のれん

広い脱衣所には、小さいながら鍵付きロッカーがあり、その横でゆっくり着替えるおじいさんがいると思いきや、ほとんど動いていませんでした。

ほんのり硫化水素臭

今日の内湯は泡風呂でしたが、日ごとに檜風呂と入れ替えになります。

泡風呂

泡風呂(出典:湯沼温泉)

檜風呂

檜風呂(出典:湯沼温泉)

無色透明で、少しショッパイお湯でした。そして、ほんの少しだけタマゴ臭がします。

内湯は湯量が豊富でしたが循環していて、アルカリっぽい肌ざわりを感じることはできません。

露天風呂に行ってみると、冬なので囲いがしてあり半露天みたいな状態で、寒くて凍えながら入浴するととてもヌルくて出ることができなくなりそうでしたが、でも寒くてさっさと内湯に戻ったのでした。

露天風呂

露天風呂(出典:湯沼温泉)

ところがこちらのお湯は、源泉掛け流しでした。

露天風呂に入っていたおじいさんが動いてませんでしたが、それはきっと寒くて出られなくなったのでしょう。

ところで「ふしぎな温泉」の由来ですが、草野仁がうなったから、というのは嘘で、

おじいさんの時間が止まっているのが不思議だから、というのは嘘で、

来客が曰く「身体がよくなって不思議」という名ゼリフが元になっているそうです。

以上、うめもどきの宿、天然温泉、ふしぎな温泉、湯沼温泉、駒草荘でした。

施設名 湯沼温泉 駒草荘(ながぬまおんせん こまくさそう)
ジャンル 日帰り温泉、宿泊
住所 山形県東置賜郡高畠町竹森5122
電話番号 0238-52-1032
源泉 湯沼源泉
泉質 弱アルカリ性単純温泉
効能 冷え性、打ち身、切り傷、やげど、神経痛、筋肉痛、リウマチほか
料金 大人350円
子供(小学生以下)150円
営業時間 9:00~22:00
定休日 なし
駐車場
源泉掛流し 大浴場:掛け流し・循環併用
露天:加温あり
サウナ ×
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所
食事処
マッサージ ×
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ、ドライヤー、鍵付き小型ロッカー
備考 回数券(10回):大人3,000円、子供1,000円

 

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.