湯野浜スナップ:砂浜から少し離れて坂道フェチへ捧げる

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

湯田川温泉にホタルを撮影に行こうとしたけど、早すぎて時間が余ったので浜辺でスナップしただけの記事です。

>>湯野浜温泉ほたるまつり

いつものように、何も起きません。ボソッとつぶやきながら写真も掲載する、みたいなノリです。

あ、サーフィンやってる。

湯野浜海水浴場について

湯野浜温泉に近い県内最大規模の海水浴場。

旅館や民宿の宿泊施設は多く、それだけ人はとても多く、トイレやシャワーの場所もわかりやすくて利便性は高く、近くでは浮輪やパラソルなどレンタルしてくれるお店まである。

お盆の時期には花火が打ち上げられ、さらにはサーフィンが許可される数少ない場所でもある。

夕日が美しいと評判。

住所山形県鶴岡市湯野浜浜泉
ビーチサイズ長さ800m、奥行60m
遊泳期間7月中旬~8月中旬
遊泳時間9:00~17:00
駐車場800台(普通車800円)有料は遊泳期間のみ
TEL0235-75-2258 (湯野浜温泉観光協会)
トイレ
シャワー
更衣室
海の家
サーフィン
備考キャンプ禁止

内陸から見た庄内の海

「海に行こうよ」なんて話になると、そのほとんどは湯野浜か由良の2択になるケースが多いのは、本当は10か所以上あるなんて知らないから。

なんてボヤきつつ、砂浜を背にしてみると住宅街へと続く小さな階段や路地を見つけた。

坂道フェチ

タモリ氏と同じように坂道が好きな人にはたまらない光景。

こんな具合の坂道と階段なんて、尾道のような風情を感じる。

もう少し南に進んだ先から曲がってみる。

奥に趣きのある公民館が見えた。

近づくと何だかパッとしないから先に進もう。

と先に進んで振り返ると、公民館が良すぎた。

このフォルム・・・庄内らしい瓦の屋根の美しいこと。

先に進む。

路地裏フェチ

車で進入できない細い路地に惹かれる。

ご丁寧に手すり付きだ。

右行ったり、左行ったり、絵になる所ばかり。

しばらく上ったつもりもないけど、見晴らしは最高。

展望台かなココは。

神社へ向かう

一度降りて、湯野浜温泉神社へ向かう。

そしたらいきなりこれ。

振り返るとこんな感じ、この道は車が通れるようだ。

海があると映えるのでズルい景色。

到着

神社があるなんて知らなかった。

さて、降りて砂浜に向かおう。

がんばる猫

浜っ子

海開きはまだだけど、サーファーはいるし、おばさん軍団はいる。

バケツやら、ハングルの容器やら、得体の知れない物体やら、いろいろ打ち上っている。

親子

仲良しカップル

最後に

なぜ白黒なのか・・・

余計な情報をなくしてフォルムが際立った感じの方が綺麗に見える事もある、という感じかな。

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2020 All Rights Reserved.