鴫の谷地沼の紅葉:県内有数の紅葉スポットと勝手に決めるほどの絶景が広がる




蔵王温泉の紅葉

蔵王山頂付近の紅葉が終わり、徐々に紅色が降りてきて温泉街まで到達するといつもと違ったハロウィンのような賑わいを感じます。

そうでもないか。

温泉街のメインストリートに紅葉並木があるわけではなく、ゲレンデ沿いだったり、少し移動した沼地だったりするので少し移動してみる。

温泉街の端の方にある旅館「蔵王温泉 季の里」のもっと先に紅葉が見えてきた。

駐車スペースがあったので、砂利の上に停めて歩いてみる。

駐車場について

だいたいこの辺り

もしくは県道14号から入ってこの辺りに来た方が楽

鴫の谷地沼(しぎのやちぬま)

話を戻すと、その先には「鴫の谷地沼」があった。

てっきり鴨(カモ)の谷地沼だと思ってたら違った。鴨はいたけど。

歩ける道があるので、沼に向かって左に行くといまいち沼が見えないので逆側に移動していく。

林を抜けて堤防のような盛り上がったところを歩いて移動していくと、15時頃の日光の角度といい晴れた空といい、タイミングがよかった。

素晴らしいコントラスト。久々にPLフィルターを付けて撮影。

ところで鴫の谷地沼って

1周1.2㎞、50分ほどの散策コースになっていて、春はミズバショウの群生や、5月中旬からはレンゲツツジを鑑賞できる。

そして秋になると紅葉に囲まれ、蔵王の山並みを一望でき、晴れたら山頂まで眺められる。

逆さ蔵王になったり。

カメラマンが多く訪れ、三脚を立てて長時間粘っている人がいっぱい。

紅葉のピークと天気と時間、このタイミングが合う運さえあれば、誰でもめぐり合うことができるでしょう。

散策コース内には横倉滝などもっと見どころがあるので近々再訪したい。

温泉街にある山口餅屋も運がよくないと食べられませんが、餅を食べてから帰ります(昼の方が開店してるかも)

名称 鴫の谷地沼の紅葉(しぎのやちぬまのこうよう)
URL http://www.zao-spa.or.jp/
見頃 10月中旬~下旬
規模感 ☆☆☆大
開園時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 023-694-9328/蔵王温泉観光協会
アクセス 蔵王温泉バスターミナルから徒歩15分
所在地 山形市蔵王温泉大森




シェアすると編集者が泣いて喜びます