冬の銀山温泉:撮影をするために必要なもの




今シーズン最強寒波がやってきて、県内では最低気温が-15℃以下なんてところもチラホラある中、銀山温泉に行く気分になりました。

平地は寒いものの、晴れていて気分がよかったのです。

この日の尾花沢市は前日から1日で62センチの積雪を記録するなど、どう考えてもやめた方がいい状況と知ったのは後日でした。

銀山に向かう道は綺麗に除雪されていたり、路面中央から水が噴き出す消雪道路になっています。

銀山温泉の共同駐車場は雪で駐車スペースはなく、付近の小さいスペースに5台程度停められる状態は確保されていました。

そこでいろいろ気が付きました。必要なカメラ機材のことばかり考えすぎて、防寒にまで頭が回っていなかったのです。

スマホで撮影

必要な持ち物(カメラ)

・カメラ
・三脚
・ストロボ
・レリーズ
・必要ならレインカバーなど

降ってくる雪を撮影するなら別途ストロボが必要で、カメラに付いているストロボは小さくてあまり使えません。

夜の撮影になるのでレリーズ(リモコン)も必要。

雪対策としてレインカバーがあってもいいですが、クリップオンストロボが使えなくなるのでレシーバーのような遠隔操作が必要になります。

必要なもの(防寒)

・防寒な服装
・手袋
・帽子
・傘

雪国在住者は意外に忘れがちな「手袋」をしないと寒くて手が痛いです。また、寒さで耳が痛いので耳が隠れる帽子があるといいでしょう。傘があるとカメラと一緒に雪を防ぐことができます。

上記、すべて忘れました。

傘は温泉街のカフェ「伊豆の華」で購入(500円)して何とか撮影にこぎつけます。

カフェのレポートはこちら

カプチーノ

ようやく撮影

風はなく、撮影には適していました。

ただ、普通に撮影すると雪が降っていてもほぼ写りません。

絞りは開放ぎみの方が良さそうで、光の強さを調整しながらいろいろ試します。

ストロボの強さを最強にすると、光が遠くまで届いてこうなってしまいます。

肉眼ではほぼ雪がみえず、気が付いたら頭の上が白くなっていたり、もしくは本当に降っていなかったりします。

台湾からの観光客がほとんどで、実感としては9割くらいいそう。日本語が聞こえてきません。

自撮りするか、温泉街を撮影するかの撮影大会が開催され、方々でシャッター音やフラッシュ光を放っています。

温泉街入り口付近にある足湯から大量の湯気が立ち、車の光が逆光になっていい雰囲気でした。

帰りは温泉に入っていきたかったのですが、銀山の公衆浴場「しろがね湯」は17時に終わり、「かじか湯」は19時に終わります。

旅館の日帰り入浴も遅くまではやらないので注意。

寒くてヘトヘトなので切り上げます。

温泉街入り口から撮影した遠景写真の一部を切り抜いた、擬似望遠な写真。

名称冬の銀山温泉(ぎんざんおんせん)
URLhttp://www.ginzanonsen.jp/
駐車場共同駐車場あり
開場時間24時間
料金無料
問合せ0237-28-3933/銀山温泉観光案内所
アクセス山形空港から車で約1時間
所在地尾花沢市銀山新畑




シェアすると編集者が泣いて喜びます