庄内チューリップ園:4年ぶりの復活と桜のコラボ

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

かつて「いこいのむら庄内」に咲いていたチューリップ園が4年ぶりに再開したのでオープン直後に訪れてみたら桜も咲いていたの巻

詳細

スポット名:庄内チューリップ園(しょうないちゅーりっぷえん)
開花時期:4月上旬~5月上旬(見頃は4月下旬)
営業時間:24時間
規模感:☆☆ 中
駐車場:あり
休業日:なし
料金:無料
アクセス:鶴岡駅から車で約15分
所在地:山形県鶴岡市千安京田龍花山1−1

場所・アクセス

かつて「いこいのむら庄内」があった鶴岡市の湯野浜海岸に近いところで、庄内空港から車で約10分、鶴岡駅から約15分のところにある。

いこいのむら庄内とは

県観光開発公社が1977年に開設した公共宿泊施設の「いこいのむら庄内」は8千円代で宿泊でき、温泉もあり、海岸も近いというアクセスの良さで、隣接するチューリップ園には約10万球のチューリップが咲いていた。

これまでの経緯

「いこいのむら庄内」が隣接するチューリップ園を管理していたものの、2016年10月に閉館すると同時に野ざらし状態になり、かつて開催していた「庄内チューリップ祭り」もなくなった。

聞くところによると赤字経営だったらしく、チューリップ園の再開を県に依頼する人が多数いたものの、県は施設とチューリップ園の売却を検討していた。

地元有志の雄姿

4年前に閉鎖していた園を地元有志が復活させようと、すさんだ畑を復活させた。今年(2020年)は50品種、3万球にも及ぶという。

かつての規模には及ばないが、協力者にはお涙ものなのだ。

チューリップ園に到着

入り口付近や園内には桜が咲いていて、恐らく毎年チューリップとのコラボが楽しめるだろう。

訪れた日は天気がイマイチ、時間もイマイチだったかな。。。

入り口の駐車場から歩いて進むと色とりどりのチューリップが目に入り、その外側に桜が咲く。

すべての花が咲いていると思いきやそうでもなく、種類によって早生・中生・晩生とタイミングがズレるため、まだツボミだったり、これからの種類もあった。

4月に入ると咲き始め、5月のGWまで楽しめるという。

2020年は桜の開花が早いように、チューリップも早かったのかもしれない。

足元は砂浜のようにサラサラしているので、植えている箇所だけ違う土になっているんだろうか。

庄内砂丘にチューリップの開花を実現していて、なんだか砂浜に花が咲いているみたいに感じる。

好みというのがあるので、そうしてもこの種類だけ撮り続けてしまった。

最後に

オランダと錯覚した。

来年はきっと今年以上に盛り上がるだろうし(そうなってほしい)、ぜひ、チューリップアイスを食べたい。

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2020 All Rights Reserved.