舟形町富田河川敷の桜:静かな堤防に咲き並ぶ農村桜

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

舟形町の富田地区に入ると小国川堤防沿いに1.6㎞、約180本の桜並木が目に入る。

数えてないけど。

周囲が広大な田園地帯なので満開時期はとても目立つものの、他に人はいなくて静けさに満ちていた。

たまたまだと思うことにしている。

この堤防沿いは車で通ることができ、そのまま進むとまた国道に戻るので、ゆっくり一周してもいいかもしれない。

アクセス

舟形駅から5分程度西に進み小国川に架かる橋を渡って間もなく、富長交流センター付近から堤防沿いに咲いている。

駅からは近いので歩いて行けなくもない。

地図は下部に記載します。

駐車場

ない。

気を付けよう。

開花時期

開花時期は遅く、4月下旬~5月上旬になる。

訪れたこの日はGW真っ最中で、みんなどこかに出かけているのか道路状況はスッカスカだった。

その他

とにかく情報がない。

他に書くことがないのだ。

名称 舟形町富田河川敷の桜
(ふながたまちとみたかせんじきのさくら)
見頃 4月下旬~5月上旬
規模感 ☆☆☆大
開場時間 24時間
料金 無料
駐車場 なし
問合せTEL
アクセス 舟形駅から車で約5分
所在地 山形県最上郡舟形町富田
この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2019 All Rights Reserved.