そばカフェ 辰よし:老舗そば屋が聞いて驚く、斬新すぎる豚辛そばとは?

 
辰よし







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

閉店しました

 

スタイリッシュカフェ

霞城公園の南、山形駅西との間に位置する「そばカフェ 辰よし」は斬新な蕎麦を提供するらしく、一度この目で確かめようと訪れました。

駐車場は隣接しておらず、少しだけ歩きます。1分くらい。

コンクリートの外観はスタイリッシュで、どこかの建築事務所のようですが遠目に見たらただのビルでした。

外観

外観

2016年6月にオープンしたばかりで、そばカフェというとおりデザートクレープコーヒーなどを提供するようです。

メニューの一部↓

豚辛そば 800円
豚からつけそば 850円
もりそば 500円
かけそば 500円
各種天ぷら(いも天、とり天、えび天) 150円
コーヒー 209円
甘味デザート(そばどうふ、アイスなど) 250円

豚肉と蕎麦

寒かったので「豚辛そば」を注文したら、気を遣って暖房を強めてくれたので「つけそば」に変更したくなりました。

というかその前に、蕎麦と豚肉の組み合わせは耳にしたことがない。鳥でも鴨でもない。

さらに、一緒についてくるのはお新香と、ドレッシングがかかったサラダだった。

豚辛そば

豚辛そば

いろんな情報がやってくる

見た目はラーメン。スープは赤いので、どう見ても辛そう。

ひとまずスープをすすると→辛い。

麺をすすると→蕎麦といえば蕎麦。

辛い→蕎麦→辛い

と迫ってくる。

斬新→蕎麦→豚肉→辛い→蕎麦→斬新

この蕎麦は斬新というか、大石田の老舗が聞いたら腰を抜かすでしょう。

大石田や村山にあるような、そば本来の香りを楽しむというのは一切ない。

いわゆる田舎そばとは対極にある、というより蕎麦とは別種類の食べ物。

と偉そうに考えながらすべて平らげて、美味しくいただきました。

ところで、店名の由来はなんだろう?

辰吉丈一郎

辰吉丈一郎

リンク>>映画「ジョーのあしたー辰吉丈一郎との20年」

店名 そばカフェ 辰よし(たつよし)
ジャンル そば
TEL 023-674-9113
営業時間 11:00~18:00
定休日 木曜日
駐車場 あり(3台)
予算 ~999円
住所 山形県山形市城南町2丁目11−3


この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.