TAMRONレンズレビュー:35mm F2.8 Di III OSD M1:2 (Model:F053)

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

外出できずに在宅で何もすることがないのでレンズレビューでもしてみます。

素人なのでツッコまないでください。

ソニーEマウント用

α7Ⅲを購入したものの、Eマウントで所有しているのはLoxia2/50だけで、AFで35㎜が欲しかった。

以下が候補となる。

1、SONY 35mm F1.8 (SEL35F18F)

2、SONY Sonnar 35mm F2.8 (SEL35F28Z)

3、SAMYANG 35mm F2.8

4、TAMRON 35mm F2.8 (F053)

最終的に価格が決め手になり、新品で3万円代で購入できるのに描写力が絶賛されてるTAMRON製にした。

TAMRON 35mm F2.8 (F053)

35mmと使いやすい画角なので街スナップもいいだろうし、ポートレートもいいだろうし、それほど明るいのいらないし。

210gと軽量で、長さ64mmなのでとても使いやすい。

マクロ

最短焦点距離15cmとかなり寄れるので、テーブルフォトにもよさそう。

そしてハーフマクロ。

もっと寄れるかも↓

AF性能

遅い。AF-Cだけ異様に早いけど(ボディはα7Ⅲ)、それ以外は遅い。

そこを犠牲にしてでも安価ならいい、という人向け。動き物を撮る人には向かないかもしれない。

でもAFは非常に正確に作動すると思う。

さらにソニー独自のDMFにも対応するのでAF後に微調整ができてしまう。

描写について

キレキレバキバキに写るというものではないが、柔らかい中で解像感はあり、開放から描写力が高い。かなり絞っても描写はとても安定しているうえ、寄っても引いても変わらないので余計な不安がなくなる。

周辺の画質も高いまま維持している。

色について

あっさりしている。

なんというか・・・こんな感じ。

特に風景撮影では好みが分かれるかもしれない。

色はそれほど乗らなくて軽~くて、さらにキラッと煌めく感じがする。

比較

SONY RX100

濃厚な発色で、センサーが1型なので線が太い感じがする。

TAMRON 35mm F/2.8 (F053)

単純比較はできないとしても、色の違いが一番目に付く。

爽やかで軽くて高繊細で、あっさりした色具合。

一体何と比較してんだよとツッコまれそうなので、後日 SEL35F28Z と比較してみます。

まとめ

パフォーマンスを考えると高コスパといえるが、あとは好みの問題。

軽量、安い、ハーフマクロ、F2.8、オールマイティー、描写力が高くて安定している、AF遅い、色はあっさりでフラットで爽やかでキラキラ煌めく感じ。

SONY Sonnar 35mm F2.8(SEL35F28Z)が欲しくなったのでTAMRONは売ろうかな

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2020 All Rights Reserved.