おいたま温泉賜の湯 | 米沢市・日帰り温泉

 
賜の湯







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

置賜駅に歩いて行けるほど近い、「おいたま温泉賜の湯」に行きました。偵察に。

賜の湯

賜の湯

おいたま温泉賜の湯って?

造園業者が井戸を掘ったら新しい温泉がでてきたのがはじまりで。さらに平成25年(2013)11月にリニューアルし、源泉が二つになってさらに、露天風呂に寝湯が設置されました。

浴衣を着たまま砂に入る砂風呂は、塩分・有機物を含まない高純度な「水晶砂」を使用しています。

隣接のレストランロハスは、米沢牛すじ肉料理が好評のようです。

賜の湯

入り口付近

さて入ってみる

入り口はいってすぐ左手に飲泉スペースがある。第2源泉のナトリウム-塩化物泉で、萎縮性胃炎や便秘に効くらしい。

薬師の泉

薬師の泉

屋内に入ると左手に券売機があり、その奥に受付がある。

賜の湯

下駄箱付近

備品が多く販売されていて、カミソリ(100円)、歯ブラシ(100円)、バスタオルセット(レンタル300円)、タオル(200円)などなど。
マッサージやエステまで券売機で購入する。

券売機

券売機

ロビーに野菜とかいろいろ販売している、なんとも公共感ある施設と感じさせますが、実は民営のようです。

ロビー

ロビー

さて浴室に行ってみる

賜の湯内湯

賜の湯内湯

(画像出典:おいたま温泉賜の湯

内湯は大きな窓沿いに大きな湯船がドーンと構えている。

源泉名:上新田第2号源泉、ナトリウム-塩化物泉、泉温52.0℃。露天よりこちらの方が成分量が多く、似たような塩化物系の温泉。一切お湯に手を加えない完全な源泉100%。

無色透明、ほんのり塩素臭がするのは気のせいか、もしくは掃除で使用しているか。ツルっとしてキレがあるシンプルな浴感。

平日の真っ昼間から随分人がいるものだなぁと、昼時に行っている自分を見つめなおす。

露天に行ってみる

賜の湯露天

賜の湯露天

(画像出典:おいたま温泉賜の湯

源泉名:上新田源泉、単純温泉、泉温31.3℃。温度の高い上新田第2号源泉から熱交換してうまい具合に加温している。無色透明、特に匂いもない。ほぼ源泉掛け流しの素晴らしい湯使いで、シンプルでさっぱりとした浴感になっている。まぁ気持ちいいからいいや。

どちらのお湯も似ていてシンプルです。

 

施設名 おいたま温泉賜の湯(おいたまおんせんたまのゆ)
ジャンル 日帰り温泉
住所 山形県米沢市上新田2300−1
電話番号 0238-37-4126
源泉 上新田第2号源泉、上新田源泉
泉質 ナトリウム-塩化物泉、単純温泉の2種
効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身
関節のこわばり・慢性消化器病・痔疾・冷え性・アトピー
病後回復・疲労回復・健康増進・婦人病・やけど
一般的適応症、切り傷、慢性皮膚病・虚弱児童ほか
料金 大人300円
子供(9歳まで)100円
営業時間 AM5:30~PM10:00(最終受付 PM9:30)
砂風呂:AM9:00~PM6:00(最終受付 PM5:30)
定休日 無休
駐車場
源泉掛流し 〇 一部加温あり
サウナ
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所
食事処
マッサージ
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.