心臓移植で募金呼び掛け「たまきちゃん」に支援を

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

(画像提供:たまきちゃんを救う会

目標額を達成しました。募金は終了しています。(8月31日)

 

拡張型心筋症を患っている大阪府吹田市の青山環(たまき)ちゃん(2)の父・竜馬さんと母・夏子さん夫妻が友人らと協力し、米国での心臓移植手術に必要な約3億2千万円を集めるため、「生きるチャンスをどうか与えて下さい」と募金への協力を呼び掛けている。

たまきちゃん夏子さんは「一秒一秒頑張って生きている。たまちゃんが生きるための最後の道が移植。力添えをお願いしたい」と涙ながらに訴えた。

大阪大病院の成田淳医師は「ほかの臓器に障害が出る可能性がある。移植は1日でも早いほうがいい」と話している。

北海道の札幌市で双子の妹として生まれた環ちゃんは、姉の菫(すみれ)ちゃんが1歳を迎える前に心不全で亡くなったことをきっかけに、心臓の筋肉が薄く伸び、ポンプ機能が低下する「拡張型心筋症」であることが分かった。国内では間に合わないと判断し、6月の渡米を目指している。

竜馬さんの友人らが中心となって、16年2月に「たまきちゃんを救う会」を設立。東北芸術工科大学を卒業した縁で、友人の多い仙台市に事務局を置いた。北海道、青森、山形、東京、大阪にも支部を置く。
【お問い合わせ】 たまきちゃんを救う会

仙台本部事務所 宮城県仙台市若林区一本杉町16-9アルム一本杉201
TEL/FAX 022-353-5370

1

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.