立谷川の芝ざくら:引き継がれる環境美化の遺志とムーンサルト小林




芝ざくらまつり

Twitterでムーンサルト小林(小林広嗣)さんが教えてくれた「立谷川の芝ざくら」では、2016年から「立谷川の芝ざくらまつり」が開催されていて、2017年は小林さんの無料ものまねLiveがありました。

ムーンサルト小林

残念ながら生鑑賞はできそうになかったので、前日に前ノリして気分だけ味わってきました。ごめんなさい。

立谷川の芝桜

立谷川の芝桜

山形市と天童市の間

山形市の高瀬から山寺方面(北)へ向かって大森トンネルを抜けると、そこには立谷川が流れる赤い橋が見えてきます。

その名も、そのまま「大森赤石橋」。

その手前付近に「べにばな霊園」があり、その駐車場が無料で開放されています。

道路向かい側には芝桜が一面に広がり、見頃を迎えていました。

芝桜の上を走る道は自転車道路になっていて、なんと寒河江までつながっています。

たった一人の整備

この芝桜は河川の環境美化を目指し、天童市の田所さんがたった一人で5年かけて整備して一面に花を咲かせ、のちにボランティア団体「立谷川の花さかじいさん」(田所さんの娘さんのご主人など)が結成されて引き継がれています。

そして2016年、「立谷川の芝ざくらまつり」が開催されたのですが同年夏、田所さんは他界されてしまいました。

赤と白

未来の名所

昨年は3万人の来訪があったというので、これから間違いなく名所になりそう。

まるで絨毯(じゅうたん)のように、400メートルに渡り赤紫色ピンク色、所々白色の花が混ざりながら広がっています。

5月上旬のゴールデンウイークになると牡丹桜も満開になります。

近距離で見るとこんなにも綺麗で、芝桜なんて気にしたことすらなかったのですがムーンサルト小林さんのおかげ、教えてくれた天童で働くサッちゃんのおかげですね。

名称 立谷川の芝ざくら(たちやがわのしばざくら)
見頃 4月中旬~5月初旬
規模感 ☆☆(中)
開園時間 24時間
料金 無料
定休日 なし
駐車場 あり 無料(べにばな霊園駐車場)
問合せ.TEL 023-687-4194/芝ざくらまつり事務局(べにばな霊園)
所在地 山形市山寺




シェアすると編集者が泣いて喜びます