スマイルプロジェクト☆(きらり)かみのやま:市民花火について撮影場所などを記してみた

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得
名称スマイルプロジェクト☆(きらり)かみのやま
打上数約2500発(毎年変動あり)
開催時間15時~21時(19時30分より花火)
駐車場市役所他複数個所あり
料金無料
問合せ023-672-7721 (社)上山青年会議所
備考イベント内容(2016年情報)
・スマイルワークショップ
・スマイル宝探し
・スマイル熱気球
・スマイルミニSL
・スマイル縁日
・スマイル
・市民花火
アクセスかみのやま温泉駅より徒歩15分程度
開催地上山市けやきの森2-1 上山市市民総合運動広場(三友エンジニア体育文化センター)

たくさんのイベントが開催され、最後に花火大会が開催される夏の一大イベントとなっている。

スマイルワークショップ、スマイル宝探し、スマイル熱気球など、すべてのイベントに“スマイル”が付くと思いきや、最後は市民花火だった。

※2019年は「スマイル市民花火」になっている。

最近はイベント数が減っている気がするけど、コンサートがあるのでそれ目的の人は多いみたい。

県内で夏の花火イベントでは一番最初なのと、梅雨明けと時期が近いので本格的な夏の訪れを告げてくれる。

シェアできない問題

ハッシュタグに「スマイルプロジェクト☆かみのやま」を記載しても☆以降は反映されない。

また、☆をきらりとは読めない。

☆を排除したタグは散見される。

#スマイルプロジェクトかみのやま

花火打上場所

田園地帯の中央

ざっくりいうとこのあたり

イベント開催場所にほぼ隣接しているので、コンサートを見てそのままという人もいると思う。

問題はどこから撮影するか・・・

撮影場所について

上山城付近

城の南西にある「上山城第1広場 駐車場」では日中から準備をしていて、集団で鑑賞する様子だった。

楽しそう!

こちらから撮影するにも林が邪魔になるし、端に行けば見れそうだけどカメラは邪魔そうだからやめた。

お城の近くに行ってみるとこんな感じになる。

恐らく写真中央が打ち上げ現場と思われるが電線が邪魔になったり、景観がイマイチだったりなのでやめた。

このイベント時にだけ人数限定で上山城内部から鑑賞できるようにすればチケット高額でも売れると思うけど・・・やらないよね。

旅館

そりゃ旅館から鑑賞するのが一番いいだろうけど・・・

写真右に見える灯りは旅館。古窯とか。

花咲山展望台

「恋人の聖地 花咲山展望台」はクアオルト葉山コースの途中にあり、上山市内を見下ろすことができ撮影には最強スポットといえる。

本当はここから撮影したかった。

車1台通る道はあるものの、付近に駐車場はないので、歩いて行くしかない。

山をのぼるので街灯がなく真っ暗なうえ・・・熊が出る(2019年情報)

死を覚悟しましょう。

上山市民公園前

しぶしぶ降りてきて結局は近くで撮影するしかなさそう。

公園は打ち上げ現場の田園に隣接していて、間近でみることができる。

公園と田園の間に道路があり車は通行規制されていて、打ち上げ時間が迫ると道路沿いにゴザを敷いて鑑賞する人も現れる。

この場所が理想的と思って打ち上げ1時間前に関係者と思われる人に聞くと、「邪魔にならないように鑑賞してね」と「邪魔だから他で観てくれ」に話が分裂する。

結局は黙認。

この通りは街灯があり、歩行者のための強いライトがあるのでこの明るさは邪魔かなぁと思ったけど、花火の撮影は感度が低いので大丈夫そう。

三友エンジニア体育文化センター前

カメラマンが多くいるこの場所しかなかった。

打ち上げ場所は目の前にあり、嫌な予感がしていた・・・

その予感は的中し広角で撮影してもダメだった。

フルサイズ換算25.5mm

この状況でどう撮るかって話かもしれないけど、地上が写るようにしたいのよー

というわけで粘って撮影続けてこんな感じ。

始まったときは薄明かりが残っていて

何度か打ち上げて煙が消えるのをしばらく待つ、というのを繰り返す。

撮影しているとこんな悲劇になったりもする。

それなりの写真もあり。

この花火はもっと離れたら最高だったのに・・・

フィナーレが近づいてきて・・・

花火が巨大化していく・・・

最後に・・・

帰りの渋滞

それほど混まなかった。

車が動かないというほどではなく、ゆっくり進んで20分程度かな。

まとめ

花火のイベントとしてはそれほど混雑せず、打ち上げ時間ギリギリにやってきても近くで鑑賞できる人はたくさんいたようだ。

頭上、真上まで花火が打ちあがるほど近くて見応えがあるけど、ヘルニアになるかと思った。

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2019 All Rights Reserved.