新たに仲間が加わりました:SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM




当編集部に新たに仲間が加わりました。

といってもレンズです。

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

これが正式名称です。

ややこしいので順を追って説明しますが、そんなに詳しくないのでツッコまないでください。

画角は17~50mm

広角から標準域までカバーされる。フルサイズ換算で25.5~75mmに相当(ボディはNikon D5300)

絞りF2.8通し

広角から望遠までF2.8が固定されている、いわゆる大三元レンズ。

こうやってレンズ沼にハマっていくんだろうか。

EX

Excellenceの略称で、シグマの高級レンズの部類になります。「プロダクト・ライン」シリーズの発表で使われなくなりました。今のArtレンズに相当するのかな。

DC

APS-C専用レンズのこと。フルサイズで使うとケラレるってやつ。

OS

Optical Stabilizationの略称。手ぶれ補正のことで、ニコンでいうVR。約4段階補正。

メーカーごとに名称が違うのはどうにもならないだろうな。

HSM

Hyper Sonic Motorの略称で、高速かつ静かなAFを可能にする超音波モーターのこと。確かに静かだが、ニコンも静かだったので気にならず。

重量

565gと重い。けど、大三元にしては軽い。

年式とお値段

2010年モノ。発売当初は90,000円前後したのだが、数年経過したころから価格が下がりはじめて2018年7月現在は26,000円程度になっている。

驚異的なコスパ。

その他

フィルター経:77mmとデカい。

レンズ構成:13群17枚

付属品:花形フード、レンズケース

スーパーマルチレイヤーコートを採用し、フレア・ゴーストの発生を軽減している。らしい。

FLDガラス2枚を採用し、色収差を徹底的に補正する。らしいけど、広角側では湾曲する。

柱が歪んでるのがわかる。

Lightroomで修正は簡単。

雑感

ニコンの18-55mmのレンズのかわりになり、というかそれはいらなくなる。

50mmF1.8単焦点のニコンレンズも持ち歩く機会は減りそうだ。

50mmまでカバーするので上記二つのレンズは基本、保管庫の中に入れておこう。

このシグマのレンズはほぼ、交換せずに付けっぱなしになると思う。

ピントリングは軽いけど、ズームリングは重い。また、ズームの際にニコンレンズと逆方向に回すので戸惑ってしまう。

早速撮影

空がイマイチなヒマワリ畑にて。

撮影してみるものの、よくわからない。

トリミングしてみると描写力が高いのは少し理解できる。

これもトリミングしてます。素晴らしい解像感。

ひまわり迷路の記事は後日アップします。

ではまた。




シェアすると編集者が泣いて喜びます