添川温泉しらさぎ荘で不思議と温まりが抜けない温泉に浸かってみるの巻

しらさぎ荘




国道113号線を南陽方面に行き、道の駅「いいで」のほど近く、田園地帯の中に「添川温泉 しらさぎ荘」があります。

雪が吹雪いていたので、外観は撮影しにくかったです。宿泊施設以外は、平屋建てで大きく土地を使っています。

外観

外観

宿泊あり、温泉あり、マッサージあり、休憩所あり、宴会場あり、食処あり、のいわゆるセンター系公共温泉保養施設。

入口入ってすぐ、券売機で入浴券を購入します。

ロビー前には温泉施設にありがちな土産物や、お菓子類がズラーっと並んでいて、おばあちゃんたちがペチャクチャしゃべりながらたむろしています。

浴室に向かう途中、無料の休憩所があり、めまいがするほど自販機がたくさんあります。

休憩所

休憩所

脱衣所に入ると、たくさん人がいるんだろうなぁと思ったら案の定その通りでした。

脱衣所

脱衣所(出展:添川温泉)

ロビーやら脱衣所から、大浴場からすべてが広くて大きいのだろうと思ったら案の定、大浴場は広かったです。

大浴場

大浴場(出展:添川温泉)

浴室にはサウナや水風呂、寝湯などもあり、何でもありなようです。

まずは身体を洗ってから内湯に入ると、循環ろ過をしているそうですが、特にカルキ臭や匂いはなくシンプルな浴感でした。薄い琥珀色をしていて、露天風呂とは違う色に見えるのはろ過しているせいだと思われます。

それなら、と露天風呂に入ってみます。

冬に猛吹雪だったせいか一瞬にして身体が冷えてしまいそうな外気でしたが、すぐさまお湯に浸かるとコレがまたヌルい。

露天風呂

露天風呂(出展:添川温泉)

元々源泉温度は低く、加温して使用しているお湯でしたが、露天は循環せずに源泉掛け流しでした。

琥珀色で綺麗なお湯は、色は東根温泉のようではありますが浴感が薄く、本来のモール泉らしい匂いも薄かったです。

湯上りサッパリしたものですが、温まりがしばらく続く不思議な温泉でした。

施設名 添川温泉 しらさぎ荘
(いいでそえがわおんせん しらさぎそう)
ジャンル 日帰り温泉、宿泊施設あり
住所 山形県西置賜郡 飯豊町大字添川3020-5
電話番号 0238-74-2161
源泉 眺山源泉
泉質 単純温泉
効能 神経痛・関節炎・五十肩・腰痛・打ち身・冷え性
関節のこわばり・疾病・疲労回復・健康増進ほか
料金 大人(中学生以上)400円
子供(小学生)150円
営業時間 8:00~21:00
定休日 毎月第4水曜日
駐車場
源泉掛流し 加温あり
内風呂は循環ろ過あり
露天風呂は循環ろ過なし
サウナ
露天風呂
貸切風呂 〇 2,000円+入浴料
休憩所 〇 大広間大人210円~
食事処
マッサージ 〇 1,500円~
手ぶらデータ シャンプー・コンディショナー・ボディソープ
ドライヤー、100円バック式鍵付きロッカー
備考 回数券13回4000ほか

 




しらさぎ荘

シェアすると編集者が泣いて喜びます