山形麺屋 殿:店名が「しんがり」とは耳慣れないが、味は正統派だった




村山市に新しいお店ができたので行ってきました。

東根市のトヨタライン(株)による経営だそうで、食品輸送の会社が飲食店に進出したみたい。

今のところ、10時半から15時までの営業のようです。

かつて「手打大石田そば文月」があったところで、駅から歩いても近く、甑葉プラザから歩いてすぐ、村山郵便局の向かい側です。

謎の店名

「殿」と書いて「しんがり」と読むらしい。

退却する軍列の最後尾にあって、敵の追撃を防ぐこと。また、その部隊。

由来は「食の安全、安心を守る最後の砦」の意味合いがあるそうです。

祝いの花が山ほどあり、店内にもズラリと胡蝶蘭が並んでいてカウンターとテーブル席、小上がりがありました。

入店してすぐ券売機で購入し、席につきます。

豊富なメニュー

「つめたい」「あたたかい」を選択して、「そば」「うどん」「中華」の3種があって、さらに「鶏」「豚」「牛」「山菜」を絞る一覧表みたいになっていて、計24種の中から選択する。

券売機の隣に「本日の献立」が記載されていて「親鶏、焼豚、しぐれ煮、山菜ミックス」だそうで・・・システムはよくわからず。

※日によって具材が変わるらしい。

券売機となるとあまりゆっくり選んでる時間がない。コンビニでレジやってもらう際も、後ろに人が並んでいるのが気になって仕方がない身としては、ここで時間はかけられないのです。

券売機ってお客とお店双方にメリットがありそうで、実はお客の負担が大きい。

なので、目に付いた山菜そばでいいや。

山菜そば(700円)

山菜のとなりに肉があり、味付けは・・・しぐれ煮か。

普通に美味しい正統派な味。

変なクセがないので、具材がよく変わるなら同じメニューでもまた来たくなるでしょう。

この周辺はよく訪れるので、また来てみよう。

冷たい牛中華(700円)

というわけで再訪しました。

やはりこの肉が美味しい。甘いしぐれ煮かな。

中太ややちぢれ麺はプニプニして、少し弾けるような食感で、スープはクセがないやはり正統派な味。

つづく。

情報提供:フォロワー様

店名 山形蕎麦 殿(やまがたそばしんがり)
URL https://www.facebook.com/yamagatamenya.shingari/
ジャンル そば、うどん、ラーメン
TEL 0237-53-8300
営業時間 10:30~15:00
定休日 無休(要問合せ)
駐車場 あり
予算 ~999円
アクセス 村山駅から徒歩5分程度
住所 村山市楯岡十日町4−37




シェアすると編集者が泣いて喜びます