慈恩寺大晦日花火大会「雪月華」:撮影が下手で愕然とする

 
 







この記事を書いている人 - WRITER -
編集長選抜総選挙で1位。得票数3票獲得。
詳しいプロフィールはこちら

2017年最後の取材にでも出かけようかと慈恩寺の花火を見に行くことにしました。

現地はさすがに混雑するらしいので、最初に「最上川ふるさと総合公園 第1パークゴルフ場」に向かいました。

雪が積もって上るのも大変でしたが、距離的に遠くてどうにもなりませんでした。

恐らく、位置が高いからと東側に移動してもつまらない気がしました。

すでに花火は始まっているものの、移動することにして287号線付近の慈恩寺ちょっと南、工業団地近くに車をとめると、一面田畑なのでこの辺りで場所を決めます。来年は違う場所にしよう。

残り5分程度、三脚を急いで立ててレリーズを装着します。シャッタースピード長めにしたら何発も同時に写されたりするので、タイミングが難しかったり・・・

かといってまわりの風景やらを明るく写すとなると高感度にしたくなる。とかなんとか考えているうちに終わりそうだったので、ただひたすらSS2秒~4秒の間で撮影し続けます。

夜の撮影は難しいので、事前にしっかり準備して場所を確保しておいてから、じっくり行わないと全くダメです。

雪月華?

雪月花(せつげつか、せつげっか)は、白居易の詩「寄殷協律」の一句「雪月花時最憶君(雪月花の時 最も君を憶ふ)」による語。雪・月・花という自然の美しい景物を指す語である。by Wikipedia

地元醍醐地区の有志でつくる醍醐地区慈恩寺花火大会実行委員会が主催しています。

除夜の鐘を聞きながら、この日は天気が良くて澄んだ冬の夜空に広がる花火が約600発打上げられ、本堂に続く仁王堂坂は30基の灯籠で幻想的にライトアップされます。また、慈恩寺絵画コンクール作品展示も同時に開催しています。

もっと明るく撮影すればよかった

慈恩寺では四季を彩る華として「春の稚児桜」「夏の蛍と慈恩寺蓮」「秋の彼岸花」、最後に「冬の花火」が楽しめます。

慈恩寺活性化センターに休憩所を設置し、玉こんにゃくや豚汁、甘酒など温かい食べ物が販売され、約50畳の大広間でが用意されています。

※強風の場合は延期し、1月1日~3日の間に打ち上げられます。

※また来年撮影します。

名称慈恩寺大晦日花火大会「雪月華」
(じおんじおおみそかはなびたいかい せつげっか)
開催時期12月31日
開園時間23:40~24:00
料金無料
駐車場あり 500台
問合せTEL0237-87-1302/醍醐地区慈恩寺花火大会実行委員会(西部地区公民館内)
アクセス羽前高松駅から徒歩20分
所在地寒河江市慈恩寺醍醐1147−2(慈恩寺活性化センター前)

高性能なデジカメで遊ぼう「RX100」

この記事を書いている人 - WRITER -
編集長選抜総選挙で1位。得票数3票獲得。
詳しいプロフィールはこちら







口コミ・コメントをする

Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2018 All Rights Reserved.