雪中いちご狩り 【寒河江市】

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

山形県寒河江市は、さくらんぼやりんごなど果物の一大産地ですが、いま、旬のイチ押し観光スポットは、ずばり“いちご狩り”です。
寒河江のいちご狩りは、なんと雪降る時期に楽しめるので、雪中いちご狩りと呼ばれます。外はシンシンと雪降る中、あったかいハウス内で甘い香りに包まれ、ぬくぬくといちご狩りが楽しめます。いちごの旬は6月ですが寒い冬でも春を一足早く体感できるスポットというわけです。
品種は主に とちおとめ、おいCベリー、もういっこ、やよいひめ、紅ほっぺなどですが、農園によって違うようです。
通常1月下旬から3月中旬までトップシーズン、しかし3月中旬以降6月上旬まで営業されるようです。料金も通常中学生以上¥1600程度ですが、シーズンで変化するので、確認すると良いでしょう。早い時期に予約満員に達することがあるので、要確認です。
開園時間は午前10時から午後3時。月曜定休(祝日に場合翌日休園)となっていますが、生育状況によってはお休みされることもあります。
フレッシュないちごもおいしいのですが、予約申し込み先の道の駅チェリーランド内さくらんぼ会館では地元の特産の素材を生かしたジェラートも見逃せません。なんと常時14種類のフレーバーが楽しめるんだとか。

情報提供:遠方の人

※画像はイメージです。

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.