たかみや瑠璃倶楽リゾート:リゾートホテルで楽しむ贅沢な温泉




丹下健三氏が建築設計をし、家具は奥山清行氏が手がけたオシャレ感満載なリゾートホテルでテニスコートやプール(夏季)まであります。

スタイリッシュな内観に改装されていました。というのも元は防衛省の保養所だったところです。

外観

まさかリゾートホテルが日帰り入浴を受け入れるとは思いもよらず、電話確認をしてみたら快く受け入れてくれました。

正面入り口に駐車スペースはほとんどなく、地下への入り口から入っていきます。これなら雪を気にせず温泉に浸かってまったり過ごせるでしょう。

フロントで支払いを済ませ、背中側をまっすぐ行ったところに浴室がありました。

浴室入り口

運よくというか、いつものように誰もいない(そんな時間を狙う)ので独泉確定。

脱衣所は広く、100円バック式の鍵付きロッカーもあります。ってことは入浴のみの受付を以前から行っていたのかもしれません。

浴室も広くてカランの数も多いです。浴室内から入るサウナもありましたが、16時からでした。

洗い場

浴槽はかなり広くて温泉街の中でも数少ない部類に入ると思いますが、広い分だけ湯温が下がりやすいのか冬場は加温する場合があるそうです。

加水はせずに循環や消毒はしないので泉質は同じで、源泉かけ流しとほぼ変わりません。

湯舟

蔵王温泉の源泉温度は高いので、むしろ広くて丁度いい温度になって入浴しやすいでしょう。4種くらいある源泉を利用していて、おそらくブレンドしています。硫黄泉特有の鮮度が微妙に落ちた影響で、お湯の色が少しだけ白く濁っています。これが悪いということではなく、ひとつの熟成された硫黄泉の個性となります。

パンチ力のある硫黄の匂いは健在で、成分表の記載はPH1.9と強烈な酸性泉。なめると非常に酸っぱい。

湯口

リゾートホテルに宿泊したスキー・スノボ客や観光客は、この贅沢な蔵王の温泉を楽しむことができる稀な条件が揃った施設でした。

施設名たかみや瑠璃倶楽リゾート(たかみやるりくらりぞーと)
URLhttp://www.zao.co.jp/rurikura/
ジャンルホテル
住所山形市蔵王温泉三度川1118−7
アクセス蔵王温泉バスターミナルより徒歩10分
電話番号023-694-2520
源泉高見屋1号源泉
近江屋1号源泉
海老屋・山形屋源泉
松金屋源泉
川原屋源泉
泉質酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
適応症・効能きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛
関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期
疲労回復、健康増進ほか
料金500円
営業時間13:00~18:00
定休日不定
駐車場
源泉掛流し〇 冬場のみ加温する場合あり
サウナ〇 16:00~21:00
露天風呂×
貸切風呂×
休憩所×
食事処〇 3,500円~(入浴料込)
マッサージ×
手ぶらデータシャンプー類、ドライヤーほか
備考100円バック式鍵付きロッカーあり




シェアすると編集者が泣いて喜びます

高性能なコンデジで遊ぼう「RX100」