大蕨の棚田:ついに復活した原風景はモンテディオな棚田だった




「日本の棚田百選」に選ばれている棚田は県内で3か所あり、朝日町の「椹平の棚田」、大蔵村の「四ヶ村棚田」、そして今回訪れたた山辺町の「大蕨の棚田(おおわらびのたなだ)」です。

朝日町から約10分、山辺町の街中から約15分、山間部に切り抜かれたような棚田があります。

大蕨の棚田(逆光)

これまで何度か通りがかったことがありましたが、撮影するにしても何だかパッとしない景観でした。

椹平の棚田はいつも美しく、春の田植えシーズン、真緑の夏、秋は・・・角度的にイマイチかもしれない。

大蕨の棚田は秋の稲刈り時期が最も美しく、刈り取った稲を天日干しする稲杭(くい掛け)が規則正しく並んだ姿に古くからの原風景を見ることができます。大蕨の棚田の歴史は古く、寛永13年(1636年)の記録が残っています。

高さ2メートルほどの木のくいに紐でまとめた稲を重ねる自然乾燥法で、県内では昔から見られる光景です。大蕨の棚田の歴史は古く、寛永13年(1636年)の記録が残っています。

山形ではよく見かけますが、全国共通ではなかったようです。。。

かつては高齢化や後継者不足で、この風景が失われつつありましたが地元農家は山形県スホーツ振興21世紀協会(モンテディオ山形)やJA山形他の協力を得て、ピーク時の7割程度に戻っています。

保全活動にも力を入れ、「棚田でダンス」などのイベントなどに取り組んでいます。

棚田でダンス・・・見たいよね。

杭掛け

名称大蕨の棚田(おおわらびのたなだ)
URLhttp://www.group-nofunokai.jp/
規模感☆☆(中)
駐車場なし
問合せTEL023-667-1106/山辺町産業課農村整備係
アクセス羽前山辺駅から車で15分
所在地山形県東村山郡山辺町大蕨




シェアすると編集者が泣いて喜びます

高性能なコンデジで遊ぼう「RX100」