蔵王おおみや旅館:もはや殿堂入りの旅館と温泉のおもてなし

湯口




大正ロマン?

高湯通りをのぼりきった上湯共同浴場の奥に建つ「おおみや旅館」に向かい、単なる日帰り入浴なので近くの専用駐車場は使わず、共同駐車場を利用したりと気を遣ってしまいました。

銀山温泉の旅館ではないのだから、ノスタルジック大正ロマン漂う旅館だなんてそう気軽に言うものではなく、外観からしても大正っぽさがまるでないではないか。

外観

外観

ジャパニーズタタミ

などと考えて旅館内に入った瞬間、ロビーも通路もすべて畳敷きになってとても趣があり、すっかり大正ロマンに魅了されれてしまいました。

皆、気軽に口にしていた訳ではなかったのね。

トイレ前通路

トイレ前通路

畳ってすばらしい。

靴を脱いで、スリッパを履かずに畳の上を歩くと畳の感触が足から伝わってきます。高級旅館?と感じてしまうほど。

自宅の廊下も畳にしたら、などと夢のような想像はやめます。

脱衣所はとても綺麗で、こちらも趣がある。

脱衣所

脱衣所

その旅館、大湯元につき

蔵王温泉の大湯元(温泉がわき出るおおもと)で、いくつかの旅館に源泉を配っています。

実は旅館の真下から湧いているのだとか。

男女で違った造りの浴室になっていて、時間帯で交代されます。

本日は玉子のような円型の「玉子風呂」でした。

硫黄の匂いが立ち込め、入浴しなくても心地よくなります。

その奥の露天風呂は冬期間なので閉鎖されていました。

この日の女風呂は檜造りの源泉風呂と泡風呂で、それぞれ四角形の湯舟が隣り合わせになっていて、と聞くと日帰りではなく宿泊して両方ともじっくり楽しみたい・・・

いずれそちらもお邪魔します。

出典:おおみや旅館

お湯はというと

加水なし、循環なしの温泉は体感43℃の丁度いい熱さ。ホトホトとオーバーフローしている中に浸かると、一気にザザーッとあふれ出ていきます。

源泉が近いだけあり、とても新鮮です。熱い・・・循環していないため湯底の湯温がやや低めで、カクハンさせて中和しようと湯舟をかき混ぜたら、透明だったお湯が白濁します。

白い湯花がフワッと煙のように舞い、湯面の反射した光とコラボした姿はどこか妖艶に感じるほど美しいものでした。

蔵王の温泉はなんだかんだで共同浴場のお湯が抜群に新鮮で、もはや殿堂入りなのですが、おおみや旅館のお湯はそれに引けを取らない新鮮なお湯でした。

湯舟

湯舟

浄化作用のある強酸性の湯に浸かると汚れ、疲れ、ストレス、過去のイケナイ記憶、すべてを流してくれます。

ヌルスベな浴感で、人によっては肌にピリッとくるほどの酸性湯です。

硫化水素臭はなんとなくパンチが弱めな気がして、同じ蔵王温泉でも何となく違いを感じますねぇ。

何故か湯上りサッパリして、ジトジト汗をかき続けることはありません。

こちらの旅館は素晴らしすぎて・・・殿堂入りかも。

蔵王で宿泊したい温泉旅館ダントツ1位です。

施設名 蔵王おおみや旅館(おおみやりょかん)
ジャンル 旅館
住所 山形県山形市蔵王温泉46
電話番号 023-694-2112
源泉 近江屋1号、2号源泉
泉質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能 冷え性、末梢神経障害、胃もたれ、軽症高血圧、糖尿病
痔の痛み、軽い喘息又は肺気腫、自立神経不安定症、うつ
睡眠障害、病後回復期、疲労回復、健康増進、皮膚乾燥症
切り傷、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、皮膚化膿症
慢性湿疹、運動麻痺における筋肉のこわばり、他
料金 648円
営業時間 11:30~15:00
定休日
駐車場
源泉掛流し
サウナ ×
露天風呂 〇 冬期間閉鎖
貸切風呂 ×
休憩所 ×
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤーほか
備考 鍵付きロッカーはない





湯口

シェアすると編集者が泣いて喜びます