奥村そばや:そばやの名がつく蔵王のラーメン店は、なぜ人気店なのか

 
奥村そばや







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

せんだみつおの事故隠し「千と千尋の神隠し」や「耳をすませば」を民放で観た感動が冷めやらぬ中、カントリーロードを聞きながら蔵王の坂を駆け上がっていきます。

※天沢聖司は策士ではありません。

本格的な冬到来

スキーのシーズンになってきたので、スノーボードやスキーを抱えながら温泉街の坂道を上る人が増えました。屋根には雪が積もっていましたが、道路は綺麗に除雪されています。

最近よく見かける外国人観光客は蔵王温泉をどう感じるんだろうか?

「水着を着用しないでオンセン入るの?」とか思うんだろうか。蔵王で水着着用したら酸性が強すぎて次の日、ボロボロになってしまいます。

吉田屋さんのように英語で対応できる宿泊施設もあるので、安心して宿泊できるでしょう。

数少ないラーメン店

温泉街の坂道を上ると川から湯気がたち、雪が降る白さと交差して目の前が真っ白になったりしています。

その川沿いの交差点にラーメン屋さんがあったので「奥村そばや」に行くことにしました。

奥村そばや外観

奥村そばや外観

蔵王温泉はスキー場があり、旅館やホテルが多く建ち並びますが、単独の飲食店の印象が薄いかもしれません。純粋にラーメン店というのは意外に少ないように思います。

専用の駐車場はあるらしいですが、温泉に入るついでなので上湯前の共同駐車場に車をとめて歩いて下ると、わりとすぐ到着しました。

上湯前

上湯前

店名はそばやですが、ラーメンしかありません。これは山形では特に驚かない光景です。

リゾート価格ではなく、昔から安価でした。

メニューはシンプル

みそラーメン700円
辛みそラーメン750円
塩ラーメン700円
中華そば550円
中華大盛650円

隣の席に座っている子連れ3人組台湾人(たぶん)は、みそ辛みそラーメンを注文して“ミソ・ミソ”と叫びながらパシャパシャ撮影し、おいしいと言っている。気がします。

その他は常連の人で、奥の座敷で盛り上がっていたり、いきなり厨房に入ってしまう常連すぎる人肉だけ多めとか奇妙な頼み方をする人、お客なのに私に水を持ってきてくれる人がいました。

目の前で大盛の中華を食べる人はよく見ると麺がテンコ盛りで、二郎系かと思いました。

貧乏なので、中華そばを注文

といきたいところですが、すぐにはメニューを聞きに来ません。常連の人は入店してすぐ、厨房をのぞいて注文していました。

このシーズンでしかも昼時なので、かなり混雑していて、店内をのぞいては諦めて帰る人もあらわれるほど。

注文してから15分程度を経過したころ、ようやくいただきました。

昔ながらの中華で、鶏ガラのあっさりしたスープと中太ちぢれ麺のバランスがよく、チャーシューが非常においしかったです。

このような中華のチャーシューはパサパサしているときもありますが、それとは違ってとてもジューシーでした。

後から聞いたら人気店らしく、昼時によく座れたね、と言われるほどでした。

再訪して みそラーメン

前日に食べた「もやしラーメン」がまだお腹に残る中、今日は味噌味だからいいやと開き直るの巻。

編集者:T(天沢聖司似)

店名 奥村そばや(おくむらそばや)
ジャンル ラーメン
TEL 023-694-9307
営業時間 11:00~16:30
定休日 木曜日
駐車場 あり
予算 ~999円
住所 山形県山形市蔵王温泉953

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.