大石田町スナップ:坂道フェチが捧げる街の雰囲気

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

中心市街地に入り、急に坂道があらわれるのが嬉しい、という気持ちはわかる人にはわかる。

世の中にはタモリ氏のように坂道好きが存在するのだ。

わかりにくい坂道

下手な写真でわかりにくい坂道

虹のプラザ前の坂道

ちょっと歪んだ写真

格子

街を歩いていると格子が目につく

古い格子

横バージョン

交差点

待合所?

この建物を見ると・・・

待合所、手打ち大石田そば工房、公衆便所、避難所、公民館が一体になっているようだった。

街角

八百屋とか魚屋を見つけると嬉しい

ついついカメラを向けた

カラー

ちょっとピンボケだけど美しい緑

冬に活躍する

壁沿いの緑

カメラ

カメラはコンデジ「RX100」を使用した。高繊細に写るものの、鮮やかに出すぎるので現像で抑えたりする事もある。モノクロスナップだったらとてもオススメで、1型センサーの出力具合はむしろ一眼よりいいと思う。

モノクロは現像でコントラスト強めに仕上げている。

おわり

いつものようにこのシリーズは何も起きない。

その町特有の雰囲気が伝わればいいと思ったけど、そんな高等技術はない。

大石田はのどかで時間がゆっくり流れている。と文章でお伝えして終わりにします。

お焚き上げをネットで頼もう!【想い出整理便】

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2020 All Rights Reserved.