幻想的な温泉にまみれる ホテルオークヒル | 山形市

岩風呂




温泉街に到着する手前、樹氷橋を渡る途中に蔵王の山麓が紅葉になりつつあった。天気もよくて絶景!

しかし10月後半ともなれば肌寒くて撮影も嫌になり、雪が降ったら温泉目的でも動きたくなくなるだろう、と考えるだけで憂鬱な気分になる。

温泉街を抜けて小高い丘の上にあるホテルには、車でグルッとまわりながら到着。部屋の窓からはゲレンデや蔵王の山々が一望できるという。

オークヒル入り口

オークヒル入り口

中は独特の雰囲気に包まれる。受付の奥には犬が戯れていた・・・吉田屋旅館の姉妹館としてオープンしたので、ペットと宿泊できるスタンスは同じのようだった。

オークヒル内部

オークヒル入り口付近内部

受付前には広いロビーでくつろぐ人もチラホラ。

脱衣所に鍵付きロッカーはないので、その前に貴重品はこの辺りで預けておく。

浴室手前

浴室手前

脱衣所に窓があり、露天を眺めることができてワクワク感が増していく。そこにタマゴ臭が追い打ちをかける。

脱衣所

脱衣所

この演出は意外にいいかもしれない。また、夜はライトに照らされ独特の雰囲気になるそうな。

露天風呂

露天風呂

早速浴室に入ると吉田屋旅館の姉妹館なので源泉も同じせいか同じ乳白色で湯華が大量に舞っている。湯温は吉田屋旅館同様、ちょーーーどよく、体感42度程度。強い硫化水素臭に誘われてお湯に溶け込みたくなる。

循環しているとはいえ、鮮度は高かった。

内湯

内湯

湯口の対角線上からオーバーフローする理想的な湯使い。

オーバーフロー

オーバーフロー

ん?脱衣所からみた露天風呂とは違う浴槽が屋外にある。

なんと、露天風呂がもう一つあるようだ!

檜風呂

檜風呂

こちらは檜風呂だった。贅沢・・・露天なので湯温はやや下がる。目の前に広がる紅葉に囲まれ、自然の力を注入してくれる秋はいいタイミングだった。

階段を下りていき、メインの岩風呂は体感40℃~41℃くらいと温め。少し寒くなってきたせいか白濁したお湯から、白い湯気が立ってどこか幻想的な雰囲気になる。これは長期戦になりそうだ・・・

幻想的な雰囲気にのまれてしまった。。。岩風呂な露天風呂。 #温泉 #露天風呂

yamagataclipさん(@yamagataclip)が投稿した写真 –

以下、日帰り入浴の情報をメインとして。

施設名 ホテル オークヒル
ジャンル ホテル、日帰り入浴
住所 山形県山形市蔵王温泉756
電話番号 023-694-2110
源泉 近江屋3号源泉
泉質 酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能 筋肉のこわばり、冷え性、末梢神経障害、胃もたれ、軽症高血圧、糖尿病
軽い喘息又は肺気腫、痔、自律神経不安定症、睡眠障害、うつ、病後回復期、
疲労回復、健康増進、アトピー性皮膚炎、きりきず、皮膚乾燥症ほか
料金 大人500円、小学生以下300円
営業時間 12:00-21:00(日帰り入浴)
定休日 不定休
駐車場
源泉掛流し 〇 加水する時期あり、循環あり
サウナ ×
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所 〇 2500円
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考

 

 






岩風呂

シェアすると編集者が泣いて喜びます