西吾妻スカイバレーの紅葉:鮮やかな色彩に囲まれる雄大な眺望のドライブウェイ




西吾妻スカイバレーについて

米沢市の白布~桧原湖の北岸(福島県)を結ぶ17.8kmの観光道路で、戦国時代の米沢と会津の合戦では徒歩や馬で超えていたという。

これまで何度か訪れた白布温泉や天元台近くの道路(県道2号線)をさらに福島方面に向かう。

白布の温泉街の紅葉は10月下旬に紅くなるが、西吾妻スカイバレーは10月上旬からすでに染まり始め、下旬ともなればほぼ終わりに近づいている。

上旬と中旬では紅葉スポットが違うので、今年(2018年)は10月9日と16日の2回訪れて確かめてみた。

芳沢不動滝

ブナの原生林に囲まれながら綺麗に澄んだ空気の中を走り続けると徐々に紅葉が色づき始める。

わかりにくい場所ながら、車を数台停められるスペースの反対側に不動滝がある。

このあたりは10月中旬が見頃。

10月16日

道路からすぐなので、気軽に見ることが出来る。

場所はわかりにくいのでこの地図を頼りに行くのが一番簡単。

双竜峡駐車場

不動滝を過ぎてトンネルを抜けると間もなく最初に訪れるそこそこ大きめの駐車場がこちらにあり、多くの人が撮影をしている。

10月16日

普段、あまり車の通りは少ないが紅葉の時期になり、駐車スペースがないほどになっている。

この周辺の見ごろは10月中旬

10月16日

錦平駐車場

駐車場は広く、雄大な自然を眺望できる絶景スポットとなっている。

10月9日

バズーカみたいなレンズを装着した成金カメラマンは、この駐車場から歩いて茂みの中へと入っていく。踏み外したら地獄行きかも。

このあたりまで来ると10月上旬の方がよかった。

10月9日

太陽が雲の間から見え隠れし、刻々と情景が変化していくのがわかる。

なのでシャッターを切るタイミングは難しい。上手なカメラマンはじっと動かずに粘る様子。

この辺りは最上川の源流があり、赤滝、黒滝と呼ばれる2本の滝が流れ落ちる姿を見ることができるが、あまり写真映えしない。西吾妻有料道路開通記念碑あり。

白布峠駐車場

バイオトイレとかいわれる公衆トイレのある駐車場が県境にある。

白布峠の恐らく最も高い所と思われる。

10月9日

10月9日

写真的にはそれほどでもないスポットだが、トイレがあるのはありがたい。

白布峠展望台

もう少し進んで間もなく小さな駐車場がある。こんな近くに何故?と思うが歩いて間もなく、絶景に遭遇する。

10月9日

この角度ではわかりにくいが、桧原湖があり、遠くに見えるのは磐梯山と思われる。

右を向くとこんな感じ。

10月9日

紅葉はイマイチ。ちょっと遅かったか。

磐梯山を望みながら走る気持いいヘアピンカーブが続く。

東鉢山七曲り

西吾妻スカイバレーというとほぼこの写真をイメージする人が多いと思われる。

地図には載っていない小さな駐車スペースから見下ろす東鉢山七曲りと、同じ場所から桧原湖や磐梯山を眺められる。

この周辺は1週間の違いではさほど変化なしだった。

10月9日

撮影スポットはこちら。

おわりに

ナナカマド、ドウダンツツジ、ヤマウルシ、ダケカンバ、イタヤカエデ、コシアブラ、タカノツメなどが観られる。

紅色はナナカマドやドウダンツツジ、黄色はダケカンバやタカノツメ。

黄色はこれから赤くなるものでもないらしい。

11月に入ると紅葉が終わり、同時に冬期間通行止めになる。通行止めになる直前に見せてくれる粋な計らいのようだ。

名称 西吾妻スカイバレーの紅葉
(にしあずますかいばれーのこうよう)
見頃 10月上旬~中旬
規模感 ☆☆☆大
通行期間 4月中旬~11月上旬
料金 無料
駐車場 数か所あり
問合せTEL 0238-22-5111/米沢市観光課
アクセス 米沢駅から車で約40分
備考 ネットではまだ有料情報が散見するが、現在は無料の道路になっている。
所在地 山形県米沢市関~福島県耶麻郡北塩原村




シェアすると編集者が泣いて喜びます