酒田の夜景を求めて散策してみた話




かつて夕陽を観に日和山公園に行ったのを思い出し、酒田に来たついで、いろいろ夜景の撮影散歩に出かけてみた。

日和山公園

6月に撮影すると昔の金曜ロードショー的に旅情な感じ

今回訪れた10月は太陽の位置が全く違い、絵的にイマイチ

左を向くとこんな感じ

前回訪れた時は日が暮れてもずっと居続けるオジさんカメラマンがいて、何かありそうなのでしばらく待機してみると・・・

ライトアップか・・・ピンポイントで光が強すぎて撮影しにくい。

せっかく近くに酒田港があるので近づいてみる

船場町緑地(東ふ頭緑地)

公園をそのまま降りただけのところ、海沿いに細長い公園があって駐車場があり便利。

散歩する人や走る人、犬に散歩されてるみたいな人がいて、横に船が停船して並んでいる。

日和山公園側を見ると貨物置場っぽいところがあり、この感じはたまらない・・・と言っても伝わりにくい。

三脚使うと面倒なので感度を上げて撮影しても、最近のカメラは性能がいいのでノイズが出にくい。

近くに停船した船から放たれる強めのライトに照らされて、スケボーやってるヤンキーみたいな人たちがいた。

さて、別の場所に移動しようかな

山居倉庫

1㎞ちょい移動したら山居倉庫があるので、夜はどうなってるのか寄ってみた。

日中よく目にする酒田というとやたら出てくるこの場所にライトアップはなく・・・

反対側に歩いてみると、わかりやすいライトアップであった。

夜になると、ここから先には行けなくなってる。

工場の夜景

酒田港の北、北港地区といわれる酒田臨界工業団地には発電所などがあり、きっと工場の夜景が綺麗なはずだと予想しただけで下調べもせずにやってきた。

明かりも少なくなり、道路は暗い。

道路沿いの小さな駐車場を利用して歩いてみるとベストポジションを発見。

道路付近から望遠で撮影。

たぶん、サミット酒田パワー(株)だと思われる。

運転を開始したばかり(2018年8月)のバイオマス発電所だった。

こちらは酒田共同火力発電と思われる。

中央の紫色の塔は常に色が変化していて青くなったり赤になったり。

船で移動する工場夜景ツアーでもやってくれないかな。

この周辺は人が少ないうえ暗いので怖いが、ときどき停車してゴソゴソしている人を見かける。余計怖い。

さて、温泉行って漫画喫茶に寝よう。




シェアすると編集者が泣いて喜びます