銀山温泉を時間帯で分けて撮影比較してみた2019




これで何回目だろうか。

夜の銀山温泉の美しさに魅了され、年に数回は訪れる。

冬になるとネット上に温泉街の写真で溢れることもある。

雪景色が美しい冬にやってきたつもりが、今年(2019年)は稀に見る降雪量の少なさだった。

時間帯を分けて撮影比較してみた

比較するために撮影したものではなく、たまたまそうだった写真です。

温泉街入り口 白銀橋の上から

夜になるとこうなる。

スローシャッターなので銀山川が柔らかく滑らかになり、温泉街とよく似合う。

古山閣付近

少し進むと「古山閣」がある。

旅館の壁に描かれたレリーフは1月~12月に行われる古来の行事とのこと。

日が暮れて真っ暗になる前の黄昏時、撮影大会と化して賑やかになる。

宿泊者は撮影終わってから温泉に入って夕食なんだろうな、きっと。

旅館の窓からゆっくり眺める人が羨ましい。

暗くなるほどに絵は浮かび上がってくる。

ズームで寄ってみると鯉のぼりくらいはよくわかった。。。

クラノバ前

隣には古山閣の新館で、オーベルジュの「クラノバ」がある。

モダンな外観で、本格的なイタリアンを提供する。

写真左「クラノバ」

古山閣と隣接してとても美しい。

広角

さらに暗くなると人がいなくなり、静かになっていく。

中望遠

温泉街中央にて

それぞれちょっと構図は違うけど、まぁまぁ近い場所から。

共同浴場「かじか湯」があった場所は取壊されていた。リニューアルだろうか。

左に「古勢起屋別館」、右は「旅館永澤平八」が見える。

見た目からして高級旅館かと思ったら、利用しやすい金額だと思う。

カメラは絞って長時間露光にして光芒を出してみる。

街灯が1個切れていたのは残念。

休憩

寒いので休憩。

ちょっとだけと思って白銀橋付近の「野川とうふや」前にある休憩所にて。

ドトールかよ

そういえばこの日は3月なのに雪の季節が終わりそうで、雪解け水が屋根から雨のように降ってきていた。

わかりにくい写真

しばらく経っても日が暮れず、休憩所には人がごった返してきたので飲食店に移動。

伊豆の華

最初からここに来ていればよかった。

衝撃的事実

店内には香港からやってきたと思われる若い男女二人組がいて、持ち込んだカップラーメンをカバンから取り出して店内のポットからお湯をもらい、普通に食べていた。

周囲には匂いが充満し、塩分多めのシーフードヌードルと思われた。

恐るべきメンタル。と思うのは日本人だからかな。

ついでにアフィリエイト貼るので買ってください。

ウインナーコーヒー(580円+税)

昔懐かしっていうけど、昔を知らない。

ウインナーは「ウィーン風の」を意味し、ウィーンには存在しないそうだ。

店内の雰囲気がよくて長時間過ごしてしまった。

インバウンド

観光客や宿泊客の多くは香港や台湾が多かった。

日本人と見分けつかないけど雰囲気で理解できることはある。

飲食店でカップラーメン食べていたり、休憩所でこちらの存在を気にせず盛り上がったりする。

能登屋旅館

温泉街の奥の方にある旅館で、とても大きく「千と千尋の神隠し」みたいな趣がある。

広角で撮影したら歪んじゃった。

雪が降っていたわけではなく、屋根から落ちる雪解け水がレンズに付着して写ったらイイ感じに。

おわり

というわけで、3月は書くことがないのでこんなネタでした。

もうちょっと違った構図も考えなきゃいかんかなぁ。

名称冬の銀山温泉(ぎんざんおんせん)
URLhttp://www.ginzanonsen.jp/
規模感☆☆
美しさ☆☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
穴場度☆ 知名度ありという意味で
アクセス☆☆ 遠いかな
駐車場共同駐車場あり
開場時間24時間
料金無料
問合せ0237-28-3933/銀山温泉観光案内所
アクセス山形空港から車で約1時間
所在地尾花沢市銀山新畑




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!