赤湯元湯で赤湯らしい温泉を格安で楽しみましょう




大湯と丹波湯を一つにし2008年10月にリニューアルしました。場所は、赤湯温泉観光センター「ゆーなびからころ館」に隣接した北側にあります。

motoyu

ゆーなびからころ館には「さきわいの湯」と称する足湯があり、蔵王温泉のような硫黄の匂いが漂い、人を惹きつけます。

motoyu5

源泉は森の山源泉で、赤湯元湯の浴槽のひとつと共通しています。これは楽しみ。

motoyu3

外観からは想像できないほど屋内は広くてキレイ。

入り口はいってすぐ、券売機で購入後受付に渡す。1階ロビーを通り過ぎ、浴室のある2階に上がります。

浴室に入って右手に源泉の違う浴槽がふたつ、男湯の浴槽は入り口はいってすぐ右手が「湯川原源泉」で奥の窓に面したのが「森の山源泉」でした。

かつて烏帽子源泉でしたが2012年に揚湯停止され、2016年の新源泉、湯川原源泉に切り替わりました。

(インドアビュー by Google)

足湯と同じ森の山源泉はタマゴ臭がして無色、若干白濁してるかなぁという程度。浴感スベスベでやわらかい印象、体感43度の適温でした。ちなみに、シャワーにも同じお湯を使用しているそうです。

湯川原源泉の泉質は森の山源泉に近いですが、タマゴ臭はなく、無色透明です。

赤湯の日帰り温泉は共通してシャンプーやボディソープなどの備え付けはありませんので、持参する必要があります。

赤湯の日帰り温泉の中で、元湯は観光客向けの印象があります。

施設名 赤湯温泉 赤湯元湯(あかゆおんせんあかゆもとゆ)
ジャンル 日帰り温泉
住所 山形県南陽市赤湯754-2
電話番号 0238-40-2925
源泉 森の山源泉、湯川原源泉
泉質 森の山源泉:含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物温泉
湯川原源泉:単純温泉
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童、糖尿病など
料金 200円
営業時間 6:00~21:30(14:00~15:00は清掃のため入浴不可)
定休日 水曜日
駐車場
源泉掛流し
サウナ ×
露天風呂 ×
貸切風呂 ×
休憩所 ×
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ ×
備考 駐車場2箇所





シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!