最上川堤防千本桜:小川に反射するキラキラ桜を見た




わかりやすく人工的に植えてあるので最近の桜かと思いきや、はじまりは大正4年にさかのぼる。

大正天皇御即位大典の記念に最上川両岸のさくら大橋~長井橋間約2kmにソメイヨシノ300本が植えられ、「千本桜」「土手の桜」として親しまれているという。

300本でも千本桜。現在は少し減っているらしい。

※右岸の桜は昭和13年に植栽されたもの。

↓これは左岸(西側)かな。

駐車場・アクセス

白つつじ公園駐車場などを利用。

道の駅 川のみなと長井は桜並木のほぼ北端に近いところにある。

ロケーション

右岸から残雪の葉山、左岸には菜の花が咲いているらしい。今回、菜の花は見つけられなかったので、かなり南の方に咲いているのかもしれない。

写真映えするのは右岸からと思われるので、それはまた来年。

開花時期

4月中旬~下旬

県内ではやや早い方かと思う。

歩いてみるか

川のみなと長井から堤防はすぐ目の前にあり、駐車場からすでに桜が目に入ってくる。

この日(2019年4月22日)は雲ひとつない快晴で、青・緑・ピンクのコントラストが強烈だった。

それに加えてショベルカーの黄色が映える!

14時頃

土手から

距離が長すぎてどこまで歩くか悩む。

1㎞くらい南に向かって歩いたら辛くなってきたので、堤防を下りて帰ることにした。

たまに車が通るので注意。

レンタサイクルがあった

実は川のみなと長井に無料のレンタサイクルがあった。

というのを帰る直前に気が付いた。

電動アシスト付き自転車「ながいくるん」というらしい。。。

川辺への反射

堤防の下は主に住宅が並んでいて、道路との間に小さな川が流れてそれに沿うように桜が咲いている。

この日はタイミングがよかったのか桜が川辺に反射していた。

これは・・・初めて見る光景。

次から次へと・・・

足を止める人は少ないけど、この輝きは必見。

最後に

歩くと距離がありすぎる。

桜を堪能するなら左岸を歩き、菜の花と桜の写真なら左岸南側、葉山と桜狙いなら右岸か左岸北側になるかなぁと思う。

1回じゃわからんので、また来年。

さて、馬肉入りラーメン食べて帰ろう

名称 最上川堤防千本桜(もがみがわていぼうせんぼんざくら)
見頃 4月中旬~下旬
規模感 ☆☆☆大
開場時間 24時間
料金 無料
駐車場 白つつじ公園駐車場などを利用
問合せTEL 0238-88-5279/長井市観光協会
アクセス 長井駅から徒歩15分
車で数分
備考
所在地 長井市東町~館町




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!