最上公園のアジサイとスイレン:昭和感ある街並みも織り交ぜて




名称 最上公園の紫陽花と睡蓮
(もがみこうえんのあじさいとすいれん)
見頃 6月下旬~7月中旬
規模感 ☆☆中
開園時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0233-22-2111/新庄市商工観光課
アクセス 新庄駅から車で数分
徒歩約15分程度
所在地 山形県新庄市堀端町6−2−1

まだ凝りもせず紫陽花かよ、という記事が続いていますが。。。

だって撮影しちゃったんだもの。

もったいないから記事にしておこうか、みたいな。

新庄市へ

かなり久々に新庄にやってきて、もつラーメンを食べた頃が懐かしい。

まだ昭和な風情も残っていて、街中スナップをして歩いているだけで楽しかった。

この電柱大丈夫かな。

モノクロ

最上公園

いつぶりだろうか・・・1年前の桜の時期以来か。

新庄市で紫陽花と聞けば多くは「あじさいまつり」が開催される東山公園を訪れるだろうし、疑いながら訪れてみた。

東山公園より時期的にやや早く満開になるらしく、7月上旬がオススメとのこと。

公園のちょっと外

あじさい園

公園中央には戸澤神社があり、その周辺に紫陽花が群生していて「あじさい園」を形成する。

園内には約25,000本もの紫陽花が彩を添え、神社との相性も綺麗なものだった。

というくらいの情報しかない・・・

こういう時は歴史に触れてみたり、“寛永2(1625)年から243年にわたり新庄藩祖戸沢政盛が築いた新庄城址(しんじょうじょうし)の公園で、明治維新の際、兵火にかかって炎上し、本丸跡が公園として開放された。”とか書けばいいのかもしれないけど、わりと疲れる作業だからやめる。

7月も後半なので終わりそう。

公園内北側

スイレンが咲いていた

だから咲いていたスイレンに触れよう。

帰りに公園周囲を散策したら南西部にスイレンが咲いていた。

釣りをしているオジサンがいたり、噴水が前触れもなく急に吹き出したりする。

周辺は住宅が多く、窓を開けたら公園が目に入るなんてのどかだなぁ。

撮影で訪れる人も多かったけど、なんだか葉がイマイチだった・・・

そりゃ毎回写真映えする場面には遭遇しないって。




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!