松山歴史公園の桜:松山城大手門と徒歩すぐにある外堀公園との合わせ桜




松山歴史公園の松山城大手門前に桜が咲き、また近くにある外堀公園まで歩いて行ってら桜が満開だった話。

松山歴史公園

松山藩としての歴史を持つ松山地区の歴史と文化を継承し昭和57年5月に開園。

山形県指定文化財「松山城大手門」、茶室「翠松庵」、郷土文化保存伝承施設「松山文化伝承館」などがある。

松山城大手門

庄内藩酒井家の支藩松山二万五千石の城で、安永8年(1779)に築かれた。

寛政2年(1790年)落雷により焼失。

現在、大手門が残っているのは寛永4年(1792)に再建されたもので本間家の寄進によるもの。多聞楼と称される。県指定文化財。

園内の季節の花

春は桜、5月に入るとツツジが咲き、夏になると池にスイレンが咲く。

大手門前の桜

こんな感じ。

南に歩いてすぐのところに外堀公園がある。

外堀公園

よく外堀公園と耳にするのは松山城十三間濠を含む公園と思われる。

現存する遺構はこちらと、松山城址館の北にある本丸土塁の2か所ある。

天気はイマイチだったけど、桜は満開に近かった。

アクセス

余目駅から車で10分程度で、鳥海の森さんさんへ向かう途中にある。

※現在、眺海の森さんさんは閉館中。

近くには辰ケ湯旅館があり、日帰り入浴も受け付けている。

松山城十三間濠は少し南に歩いたところ。

駐車場

松山歴史公園には広い駐車場がある。

松山城十三間濠にはないので、歩いて行くのがオススメ。

開花時期

4月中旬~下旬だが、やや早めな気がする。

名称 松山歴史公園(まつやまれきしこうえん)
見頃 4月中旬~下旬
規模感 ☆小
開園時間 9:00~16:30/松山文化伝承館
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0234-62-2632/松山文化伝承館
アクセス 余目駅より車で約10分
備考
所在地 酒田市新屋敷37-2




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!