まほろば古の里歴史公園の桜:いい加減な編集員がお送りする三重塔の桜




秋に紅葉を見に来て以来、また来てしまいました。

改めて記事を見ると撮影がイマイチだなぁと気が付きます。PLフィルターをゴリゴリに効かせてレトロ感がでちゃったり。

日々向上。

まぁいいや。

まほろばとは

「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味し、美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語

「周囲が山々に囲まれた平地で、実り豊かな住みよい所」を意味する日本の古語

だそうです。

まぁいいか、それは。

公園散策

公園の西側に「山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館」があり、付近に「県指定史跡 安久津2号墳」や「復元住居」があり、池を挟んで東側に「高畠町 郷土資料館」があります。

その間に「三重塔」があり、北には「安久津八幡神社」がある、という感じ。

桜は道路沿いに並木になっていて、さらに三重塔の周囲に囲むように咲いています。

CLIP山形さん(@clipyamagata)がシェアした投稿

どちらかというと紅葉スポットとして知られている気がしますが、まぁいいや。

黄色い絨毯のような菜の花も綺麗で、同時に撮影してみる。

県内唯一の三重塔?

と耳にします。

いや、慈恩寺にもあるが・・・

まぁいいや。

春祭り

5月3日には春祭りが開催され、山形県県指定文化財「舞楽殿」で巫女によって「田植舞」が披露され、今年の五穀豊穣を祈ります。

その他

近くの道の駅のジェラートを勧められたのに忘れた。

次にします。

名称まほろば古の里歴史公園の桜(まほろばいにしえのさとれきしこうえんのさくら)
見頃4月中旬~下旬
規模感☆☆(中)
開園時間24時間
料金0円
駐車場あり 約50台
問合せTEL0238-57-3844/高畠町観光協会
アクセス高畠駅から車で13分程度
所在地山形県東置賜郡高畠町安久津2136




シェアすると編集者が泣いて喜びます

CLIP山形で主に使用中のカメラ「Nikon D5300」