Lightroom CC が楽しいので遊びながら書いてみる




こんな記事書いていうのもなんですが、そんな詳しくないのであまりツッコまないでください。

スマホやデジカメで撮影した画像はJPGで保存されますが、一眼レフなどでは圧縮しないRAWデータで保存することもできます。

RAWデータ?

生データみたいな意味で、撮影したデータがそのまま保存されます。JPG保存というのはある意味完成しているので、本来ならばRAWで撮影してLightroomなどで現像処理してJPG保存して完成みたいな流れになる。ということだと思う。

現像処理?

撮影段階では露出やホワイトバランス(色温度)の他、シャドウ、ハイライト、コントラスト、明度、彩度・・・などあらゆる調整を行う。露出とホワイトバランスを調整すれば大部分完成で、それ以外の調整をするほど本物からかけ離れていく。ような気がする。好みというべきか。

現像処理のソフトは多数販売されているようですが、ユーザーの多くは「Adobe Photoshop Lightroom」を使用している。

Lightroom CC?

最新のバージョンCCになってから「Lightroom Classic CC」と「Lightroom CC」に枝分かれして、いずれにしろこれまでのパッケージ販売からサブスクリプション型の月払いに変更された。新たな機能があればダウンロードして常に最新の状態を保つことができる。

前者のClassc CCはこれまでのバージョンを引き継いでいて、すべての機能が利用できる。後者のLightroom CCはクラウド型になり、展開したデータはクラウド上に自動保存される。スマホにアプリを入れておけばデスクトップと共有できて、また同様に現像処理もできて、そのままSNSにシェアできてしまう。ただし、機能はいくつか削られている。

ときどきインスタで上手すぎる写真があるが、きっとそんな流れでアップしていると思われる。

スマホで撮影したJPG写真も編集できるようになっているので、とにかく便利。

今後は恐らく、機能がClassic並みに追加されていくと思われるので、特にこれから始める人や初心者は「Lightroom CC」が買いだろう。

銀山温泉・初日

日が暮れる前に飲食店「伊豆の華」内から一眼レフで撮影したJPG画像(RAWにするの忘れた)。

これをスマホで修正してみる。

今後スマホカメラの性能は向上し、撮影から現像まですべてスマホだけで完結するかもしれない。上記は完結してしまっているのだが。。。

日が暮れてきたので、温泉街一口付近から撮影。

RAW現像後

中央部分をトリミングして拡大したら予想外にイイ感じの画になっていた。傘フェチにはたまらない。台湾からの観光客が多かったので、台湾の人は赤い傘が好きなんだと思っていたら旅館で貸したものだった。

RAW現像後

銀山温泉・2日目

日を改めて再訪したらもの凄い降雪量でした。夜景なのでシャッタースピードを長めにすると、ストロボを使わないので降っている雪は写らない。全体的にモヤッとしているのは雪の影響で、レトロ感が増した。

RAW現像後

今年はあと何回か銀山に行ってしまいそう。

ではまた。

関連記事

冬の銀山温泉:撮影をするために必要なもの

銀山温泉の夜景:ノスタルジックなガス灯の灯りが幻想的大正ロマンを演出する

銀山温泉の紅葉:白銀の滝から銀坑洞へ続く真っ紅な道

「銀山温泉」大正レトロな温泉街 【尾花沢市】

名称銀山温泉(ぎんざんおんせん)
URLhttp://www.ginzanonsen.jp/
規模感☆☆(中)
開場時間24時間
料金無料
定休日なし
駐車場あり
問合せTEL0237-28-3933/銀山温泉観光案内所
アクセス山形空港から車で約1時間
所在地尾花沢市銀山新畑




シェアすると編集者が泣いて喜びます

高性能なコンデジで遊ぼう「RX100」