旭昇桜:さながらサルバドール・ダリのように

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

国道13号線から上山方面に入り、斎藤茂吉記念館前を通り過ぎ、みゆき会病院付近の交差点を県道12号線方面(斜め左)に南下していきます。

上山市旭町の線路沿いを通り、左に曲がってすぐの線路を越えて須川に架かる橋を渡る頃には「旭昇桜」が見えてくるでしょう。

といっても、初めて行く人にはわかりにくい場所です。

隣に駐車場らしきスペースがあるので、車を停めさせていただく。

若干、葉桜なりかけかなぁというタイミングでしたが散っていく花びらが美しく、須川越しの新幹線とのツーショットはジョギングする人もつい足を止めていました。

突然やってきた新幹線にあわてて撮影。完全に油断していました。

上手な人は上山城を背景に撮影しますが、それは無理でした。

昭和30年代に地元住民が植えた3本のソメイヨシノの唯一の生き残りで、「横綱が、土俵入りで見せる姿の様だ」とパネルに記載されているように、横に広がった枝ぶりは樹齢数百年のような風格さえ感じます。

枝を棒で支えているのは弱っているからではなく耐雪のためで、サルバドール・ダリの真似ではありません。

サルバドール・ダリ「眠り」

名称 旭昇桜(きょくしょうざくら)
見頃 4月中旬~下旬
規模感 ☆(小)
開園時間 24時間
料金 無料
定休日 なし
駐車場 あり
問合せTEL 023-672-0839/上山市観光物産協会
所在地 上山市旭町


この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.