公徳会夏祭り:南陽市街を見下ろす花火鑑賞のススメ

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

8月1週目の週末となれば県内各所で花火大会が開催される中、南陽で花火大会があるというので行ってみようかと準備を進める。

主催は南陽市ではなく13号線南陽バイパス沿いの佐藤病院(公徳会)で、置賜の人に聞いたら置賜方面では米沢と「公徳会夏祭り」がよく知られた花火大会だという。

夏祭り

当日は 佐藤病院の駐車場で公徳会夏祭りが開催され、特設ステージが用意されて各種イベントが行われる。そのフィナーレで花火が打ちあがるようだ。

佐藤病院は駐車禁止なので、というか、患者とスタッフが楽しむべきな気がするので近くで見るのは遠慮することにした。

19時に遠目に見るとこのとおり人でいっぱい(南陽スカイパークより撮影)

わかいにくいか

近くのスーパーまで車がイッパイになっていたのはお祭り目的かもしれない。

十分一山展望台へ

高い所から市街を見下ろしながら撮影をしようと佐藤病院の北東部にある十分一山展望台へ向かってみる。

展望台というだけあってきっと見晴しはいいだろうと踏んでいたのだが到着すると車は1台もなく、人もいない。

これは最高だと思ったらこんな感じだった。

見えない・・・

これではイカンともっと高い所へ移動してみる。

南陽スカイパーク

そういえば以前訪れたことがあった。

到着が早すぎて誰もいない、わけでもなくて少しだけいただろうか。

この程度なら落ちないだろう、という場所を確保して三脚を立てた。

19時頃

夜は真っ暗になるだろうし、危ないのでこの辺りでとどまっておく。

この公園からパラグライダーが飛ぶらしい。怖い・・・

19時半になると長井市の花火大会の音が聞こえてきて、気分が高揚してくる。

虫対策

暗くなってきたら無数の蚊が飛び始めた。本当に異常なほどで、目の前に10匹以上がグルグル回っている。

虫よけスプレー忘れた・・・けど、どこでもベープが車の中にあったので早速装着したら虫が来なくなった。

これは効果が出たのか、時間的なタイミングなのかはわからない。

とはいえ、すでに10カ所以上刺されていた。キモい。

綺麗な夜景と焦点距離

WB太陽光で撮影し、肉眼で見ても真っ青で非常に美しかった。

さて、何ミリで撮影するか。

そもそもどこから打ちあがるかわからない。

135mm望遠
75mm中望遠

望遠レンズはキットレンズ使いたくなくて、上記135mmはTamronのマクロレンズを使用。

打ち上げ開始

マニュアルフォーカスなのでピント合わせがシビアすぎる、とか言っている間もなく打ちあがった。

75mm

あー、こりゃ135mmにした方がいいやとレンズ交換している間、レンズボディに蚊が入ったら一生後悔しそう。

以下135mm

そしたらこんな感じ・・・うーん微妙。

これがトリミングなしなのだから丁度いい画角のときもある。

フィナーレは入りきらず・・・

星空と街

30分程度で花火は終わったのに、帰る人はチラホラで皆余韻に浸っているご様子。

ついでに星空でも撮っておこうか。

25.5mm

公徳会夏祭りについて詳細

名称 公徳会夏祭りの花火大会
(こうとくかいなつまつりのはなびたいかい)
打ち上げ数 約2000発
URL http://www.koutoku.or.jp/
開催日 8月第1土曜日など
開催時間 20:00~20:30頃
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 赤湯駅から車で10分弱
開催地 山形県南陽市椚塚948−1

南陽スカイパークについて詳細

名称 南陽スカイパーク
(なんようすかいぱーく)
URL http://soaringsystems.co.jp/
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-40-2149/南陽市スカイレジャー振興協議会
アクセス 赤湯駅から車で約15分程度
所在地 山形県南陽市赤湯2841−1
この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2019 All Rights Reserved.