紺のれん阿部店で女性になったつもりでラーメンを食べてみる

 
紺のれん







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

県内では1店舗のみなので、フランチャイズとは知りませんでした。

村山市の国道13号線沿いにあるラーメン屋で、以前から目に付いていました。

女性のためのラーメン店をつくるというコンセプトのせいか、店員は皆女性でした。

こうなったら女性になったつもりで過ごしてみようと思い、膝を合わせて足をそろえて斜めにし、背筋を伸ばしてアゴを引き、上目遣いで高めの声で注文する。

ねぎ豚ラーメン(820円)


スープは醤油味、鰹風味塩味の2種あり、後者を選びます。

それほどカツオ風味は強くなく、あっさりしていますが油はたくさん浮いてギトギト感があります。

角煮というかデカい煮豚が2枚ほど乗っていて、箸でつかもうにも柔らかくて持ちにくいほど。

麺は中太ややちぢれ、辛みの効いたネギと煮卵がアクセントになっています。

ねぎ豚ラーメン

ねぎ豚ラーメン

夢中で食べていたら、女性になっていたことを忘れました。

店名 紺のれん 阿部店(こんのれんあべてん)
ジャンル ラーメン
TEL 0237-55-5600
営業時間 11:00~15:00
17:00~24:00
定休日 第2・第4火曜日
駐車場 あり
予算 ~999円
住所 山形県村山市駅西23-11



この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.