中華そば 琴の:羽黒山麓の琴平荘のれん分けラーメン店

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

鶴岡のラーメン店にやってきました。

“ことの”ではなく、“こんの”でした。

羽黒山に割と近いところ。

琴平荘のれん分け

混みすぎて数時間待ちといわれる琴平荘からのれん分けしたラーメン店で、こちらも人気があります。

並ぶのは嫌なので「琴の」に決定。

オープン時間丁度に訪れたらすでに人がいっぱい。。。

主なメニュー

中華そば 650円
チャーシュー麺 850円
太麺中華そば 700円
太麺チャーシュー麺 900円
やまがた地鶏らーめん 850円(数量限定、平日のみ)
地鶏の油そば 並 700円(数量限定)
ほか

中華そば

スープは「あっさり」か鶏と豚の香味油を入れた「こってり」を選択する。

味の濃さや麺の硬さなど好みに対応してくれるという。

あっさりを注文したら本当にあっさりで、鶏系と煮干し系の香りがしてきた。

注文した中華そばは中細縮れ麺で、柔らかい多加水となっている。

油っぽさがあまりなくてクセもなく、バランスが絶妙で味わい深い。

大盛はないので、麺を替え玉してからスープを全飲みしてしまう。

カウンターの隣に座ったおじさんは常連客で、慣れた様子でいろいろ注文していた。

太麺チャーシュー麺、こってり、麺硬め、トッピング海苔、トッピング味付け玉子、ニグめし。

なんだよニグめしってと思ったら、白飯にチャーシューがのっていた・・・250円。

店名中華そば 琴の(ちゅうかそばこんの)
URLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ramen_noodle_soup_konno
ジャンルラーメン
TEL
営業時間 11:00~15:00
定休日木曜日(祝日営業)
駐車場あり
予算~999円
アクセス鶴岡駅から車で約10分
住所鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2019 All Rights Reserved.