庄内おばこの里 こまぎ「こまぎの湯」 五重塔の外観からは想像できない珍しい温泉施設

こまぎの湯外観




当サイトでは「珍しい温泉」なんていうセリフを何度も吐いてきました。仕方ないんです。さて、本題に入ります。

こまぎって大型観光施設?

産直市場エリアがあり、フィットネスエリアがあり、食事処があり、右端に温泉施設があるという大型の施設。

観光施設のようでもあり、地域密着っぽさもある合わせ技です。

こまぎの湯外観

こまぎの湯外観

温泉エリアの建物は急に趣が変り、ブルース・リーの「死亡遊戯」をイメージしたわけではないであろう、五重塔を意識した造りになっています。この上の階はどうなっているんだろうか・・・和室の宴会場や会議室があると思われます。宿泊はできません。

温泉施設に入るとヘアカットサロンがあり、中央にロビーがあってアイス食べたり、くつろいでいる人たちがたくさんいて右手に受付がある。

受付の向かい側にマッサージ(整体)があり、もう何でもありだなぁと感じながら目的の温泉施設へ突入する。

のれん

のれん

賑わう内湯は北投石の湯

湯田川温泉の田の湯の帰りにこの「こまぎの湯」に来てしまったので、あまりのギャップに驚いてしまいました。田の湯はせいぜい二人しか入れませんが、こまぎの湯は平日の真っ昼間から大人数で賑わっています。

いわゆるセンター系施設っぽいので、塩素臭がキツくてまさか湯田川ほど楽しめないと思いきや、メインの湯舟は循環なし・消毒なしの温泉なのでした。

内湯

内湯

大きな内湯が二つあり、天然温泉の湯舟と、その隣には新たにできた「北投石の湯」があり、微量のラジウム放射線を放出する北投石が沈められています。北投石とは、温泉沈殿物が自然成長して生成されたラジウム鉱石で、国の特別天然記念物に指定されています。さらにそれをジェットバスでかくはんします。

天然のラジウム温泉とは違いますが効果はあるような話ですし、珍しいといえば珍しいです。そもそもラジウム温泉が人体に及ぼすメカニズム自体が解明されていませんが、身体にイイことは事実みたいですね。

他に寝湯・立ち湯・腰かけ湯、さらに露天風呂があります。

天然風呂のお湯は薄い緑っぽい色で無味無臭、泉質が湯田川温泉と似ているので、浴感カルシウムっぽいキシキシ感がありますが、湯上りさっぱりしています。

その他のお湯は循環ろ過されているので無色透明になっています。

露天風呂

画像出展:こまぎの湯(露天風呂)

そういえば2008年にできたばかりの施設でとても綺麗なうえ、脱衣所から玄関口までずっと畳敷きでした。

施設名 天然温泉 こまぎの湯(てんねんおんせん こまぎのゆ)
ジャンル 日帰り温泉、公衆浴場
住所 山形県鶴岡市日枝小真木原88−1
電話番号 0235-35-0234
源泉 小真木源泉
泉質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉
効能 動脈硬化症・切り傷・やけど・慢性皮膚病・神経痛
筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・ うちみ
くじき・慢性消化器病・痔症・冷え性・五十肩
病後快復期・疲労快復・健康増進ほか
料金 大人500円
小学生以下250円
幼稚園児以下 無料
営業時間 6:00〜22:00
定休日 無休
駐車場
源泉掛流し 加水・加温あり、一部循環ろ過あり
サウナ
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所
食事処
マッサージ
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考

 




こまぎの湯外観

シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!