お湯が語り掛ける「小町の湯 やまぼうし」 | 米沢市

 
小町の湯 やまぼうし







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

この辺りでは小野川温泉に行ってしまいがちなのに、ほど近くにある温泉がとにかく素敵だからと「小野の湯 やまぼうし」をすすめられました。

早口で言うと「おのやすし」になりそうで怖いです。ならなくていいですけど。

ウフウフガーデンから南に向かってすぐ右手にあり、小野川温泉まで行かず、手前にあります。

やまぼうし入り口

やまぼうし入り口

奥の三角屋根が日帰り温泉の施設ですが、向かって左にあるフロントで料金を支払い、そのまま車で進んで行って三角施設前に停めるのだそうだ。もしくはフロント手前の駐車場に車を置いて、歩いて行きます。ちなみに右手の建物はコテージ宿泊棟で、さらに奥に行くと「ニジマス釣堀」があり、「バーベキュー広場」まで用意されています。コテージは7棟あり、すべてペットと一緒に過ごせます。

やまぼうしコテージ

コテージ

フロントの綺麗なおねえさんに400円支払うと、「小野の湯 やまぼうし特製・縁卵」をくれます。塩ゆで卵みたいな味でした。

激しくうれしい。

これは真似したらどうだろか、安物の缶コーヒーでもいいし、大根とか、ニラとか、ネギとか、わら人形とか、供養後の人形とか、現金とか。

やまぼうし特製「縁卵」

やまぼうし特製「縁卵」

まぁ、いいや。

前田慶次利貞なる者が、温泉に向かうはずの足を遅らせてくれます。

前田慶次利貞

前田君

この施設内には受付などはなく、無人でシーンとしていた。左が男湯で右が女湯、中央が休憩所になっていて、その奥がベランダになっている。

玄関的な場所

玄関的な場所

脱衣所には誰もいなくて、小さいな機械音だけがしていた。そこにテレサ・テンなどの往年の歌謡曲が流れてくる自然さがある。

100円がいらない鍵付きロッカーがあり、パンチしたら壊れそう。

やまぼうし脱衣所

脱衣所

入浴中の人もいなかったので、完全に独泉状態。

これを至福の時といいます。

やまぼうし浴室

浴室

窓の外には川が流れ、逆側のドアはサウナです。

実は露天風呂に入れるらしいのですが、どうやって行くかは謎のままでした。

浴槽から窓の外

浴槽から窓の外

いやー、これを一人で独占なんて・・・平日の昼ころに温泉入る変わった人なんてそういないだろうし、そのせいか一人になることは多いのですが・・・

まぁ、いいや・・・そんなこと・・・

時間が止まる・・・

温度は熱すぎなくて丁度いい・・・

気持ち良ければすべてよし・・・

窓の外

窓の外

温泉成分は500mg/kgに満たない単純温泉で、無色透明、透き通ってキレイなお湯。

舐めてみようかと思いましたが、塩素臭がするのでやめました。

湯口

湯口

湯口からチョロチョロと流れ落ちるお湯は、「おい、独り占めかよ、お前ラッキーだな、誰もいなくて暇だったから少し嬉しい」と語りかけてくる。

この記事を書いている今は夜中で眠くてつらいので、文章もおかしいし、寝ることにします。

読んでくれてありがとうございます。

施設名 小町の湯 やまぼうし(こまちのゆ やまぼうし)
ジャンル 日帰り温泉、宿泊
住所 山形県米沢市赤芝町1472-1
電話番号 0238-32-2277
源泉 菊地源泉
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、アトピー性皮膚炎
冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
料金 大人400円
小学生200円
小学生未満0円
営業時間 10:00~20:00(日帰り入浴)
定休日 木曜日
駐車場
源泉掛流し 加温、循環ろ過、塩素消毒あり
サウナ
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所
食事処 △ 宿泊者のみかも
マッサージ ×
手ぶらデータ リンスinシャンプー、ボディソープ
備考

 

 



この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2016 All Rights Reserved.