十二の桜:かいもち食べて時間をスローにして鑑賞してみる




開けた解放感のあるところに、樹齢400年のエドヒガンザクラの古木があるらしい。

といってもそれは、隣にある二代目の古株だった。

現在の大木は三代目。

10世紀後期、下長井の庄司藤原安親が薬師堂を建立し、植樹した名残と伝わっている。

「十二の桜」とは薬師如来の守護神(十二神)への信仰が厚く、それらをご本尊とする薬師堂が近くにあったことに由来する。

明治の廃仏毀釈で廃堂となり、現在は山際薬師如来堂の一隅に安置されている。

※廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)
神仏習合を廃して神仏分離を押し進める、明治維新後に発生した仏教破壊運動。

平成に入って「置賜桜回廊」が立ち上がり、「十二の桜保存会」も本格的に活動するようになった。

この桜はもっと離れて撮影したほうがよかった。

開花期間中は桜売店で名物の「夜中のかいもち」を味わいながら、時間をスローにして花見を楽しむことができるでしょう。

全国でも珍しく古典桜が多い地域なので、桜巡りをしている人たちがいる。桜巡りをしていると、同じ人と何度も遭遇することがある。

名称十二の桜(じゅうにのさくら)
見頃4月中旬~下旬
規模感☆☆(中)
開園時間24時間
料金無料
駐車場あり
問合せTEL0238-86-0086/白鷹町観光協会
アクセス荒砥駅から車で約10分
所在地〒992-0774 山形県西置賜郡白鷹町山口4006




シェアすると編集者が泣いて喜びます

CLIP山形で主に使用中のカメラ「Nikon D5300」