映画「さようなら、僕のマンハッタン」:たまには映画を観ましょうよ




たまには映画を観ましょうよ。

というわけで久々に映画館に行きました。

ポスターの宣伝コピー「サイモン&ガーファンクルが流れると思い出す 今蘇る、あの頃の青春物語」

県内劇場情報

フォーラム山形 上映中 7月5日まで

鶴岡まちなかキネマ 7月13日から上映

邦題:さようなら、僕のマンハッタン

原題は「The Only Living Boy in New York」で、Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)の曲「The Only Living Boy in New York(ニューヨークの少年)」と同じタイトルになっています。

サイモン&ガーファンクル

当編集長が一番好きなアーティストがサイモン&ガーファンクルで、一番好きな曲がニューヨークの少年なので、そりゃ観ます。

かつてトム&ジェリーという名でデビューしていて、歌詞に出てくるトムはガーファンクルの事(大きい方)。

コンビ解散の危機が訪れていた頃、ガーファンクルは俳優業のためにメキシコでロケをしていてニューヨークに一人残ったサイモンは、彼へのメッセージとしてこの曲を残したらしい。

切なすぎる孤独な曲を我流で翻訳。


Tom, get your plane right on time
トム、飛行機に乗り遅れないように

~中略~

Half of the time we’re gone
しばらく一緒に頑張ってきたけど

But we don’t know where,And we don’t know where
もうわからない、どうしたらいいんだ

~中略~

The only living boy in New York
わしニューヨークで一人やで

The only living boy in New York
ごっつい淋しいねん

Here I am
まだおるけどな

Here I am
がんばりや


主人公はトーマスだが、トムと呼ばれるのを拒んでいる(と思った)

内容

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

普通のドラマで脚本は男目線だが、むしろ物語はどうでもいい。

サイモン&ガーファンクルの曲がわんさか流れてくるかと思いきやそうでもなく、ピンポイントで印象づける感じ。宣伝に騙されないように。

カメラはあまり動かさずスチールっぽい構図が多く、色味もあわせて“美しくて懐かしい”。

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

父親の愛人役のケイト・ベッキンセイルには悩殺される。

妖艶さに飲み込まれてしまうでしょう。

これで当時43歳?信じられない。

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

監督は「アメイジング・スパイダーマン」と同じマーク・ウェブ。

同じ人とは思えないので、ぜひ劇場で。

フライヤー

日本向けチラシ(フライヤー)

アメリカ向け

日本向けの方が内容をよく表しているとは思うものの、それにしても随分違うものですねー




シェアすると編集者が泣いて喜びます