栄の宿 一陽館:黒沢温泉の本質を楽しめる素晴らしい湯

 
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

国道13号の上山市との境目に近い山形市内のシベールから西に入って間もなく、そう大きくはない温泉地「黒沢温泉」に久々にやってきたのは「ゆさ」以来です。

バイパスが近いわりに静かなところで、須川を越えた辺りに「一陽館」はありました。

一陽館外観

入館してすぐアットホームな雰囲気を感じつつ、玄関では鍵付きの下駄箱があるのでサンダルなのに利用します。

鍵に鈴が付いてる

早速受付を済ませてロビー近くにある浴室に向かいます。日帰りで入浴のみなので、ロビーでくつろぐなんて図々しいことはできませんが、いい雰囲気を発してます。

温まりながらゆっくりしてコーヒーでも飲みたい。

浴室に入るといつものように独り湯でしたが、となりのおばちゃん達は楽しそうなご様子。

浴室

タイル張りで、洗い場は3×2カ所。浴槽もそれ相応の人数が入れる広さになっています。女湯は浴槽のカタチが全く違うらしい。誰か写真ちょうだい。

カラン

御影石の湯口から流れる源泉は無色透明、特に匂いはありませんでした。

浴槽内部に吸込み口があることから、半循環での湯使いがうかがえます。しかし塩素臭はしません。

湯口

かなりトロミがあるお湯で、肌にまとわりつくような浴感があり、十分な温泉感を味わうことができます。

成分表を見るとナトリウムが1412mg、硫酸イオンが2347mg(共に1kg中)もある、以前の表記でいう芒硝泉です。

黒沢温泉って凄い・・・肌ざわりが滑らかになり、ツルツルをもっと超えた感じのゴリゴリ芒硝泉。調べると黒沢温泉には循環ろ過して塩素臭がして楽しめないイメージを持つ人がいるようなので、そんな人にはぜひ「一陽館」をオススメします。

観光地にアクセスしやすく、自家農園の野菜を使った郷土料理を食べてみたいので、宿泊したい旅館にブックマークしておきます。

以下、主に日帰り入浴の情報です。

施設名栄の宿 一陽館(さかえのやどいちようかん)
URLhttp://ichiyoukan.co.jp/
ジャンル旅館
住所山形市黒沢253-1
アクセス蔵王駅から車で5分程度
電話番号023-688-4492
源泉組合源泉第2号源泉
泉質ナトリウム-硫酸塩温泉
効能肝臓病、肝炎、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、リウマチ
痛風、腰痛、神経麻痺、運動麻痺、関節傷害、筋肉傷害
五十肩、肩こり、不眠症、肥満症、胃腸病、慢性便秘
切り傷、やけど、慢性婦人病、冷え性、更年期障害、不妊症
慢性皮膚病の湿疹、水虫、汗疹、しもやけ、凍傷、いんきん
たむし、健康増進、病後回復、疲労回復、ストレス解消ほか
(一般的な芒硝泉の効能を記載)
料金500円(子供300円)
営業時間11:00~19:00
定休日無休
駐車場
源泉掛流し循環あり
サウナ×
露天風呂×
貸切風呂×
休憩所〇 2,500円(個室)
食事処〇 5,000円~(日帰り食事付き入浴)
マッサージ
手ぶらデータシャンプー類、ドライヤー
備考鍵付きロッカーなし
さぁ、カメラをはじめよう!

この記事を書いている人 - WRITER -







口コミ・コメントをする

Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2017 All Rights Reserved.