置賜あじさい巡り:南陽・高畠・米沢の旅

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

置賜方面の紫陽花(アジサイ)って時期的に他より早い気がする。いや、気のせいかと理解しつつ単に撮影をしたいだけの理由で出かけましたよん。

最近はSNSをメインに情報発信されるようになってきて、こちらが求めるわけでもなく紫陽花の情報がわんさか入ってくるのでありがたい。

烏帽子山公園(南陽市)

桜のイメージだった烏帽子山公園に紫陽花?と疑いつつ訪れてみると駐車場から公園入口までの坂道沿いにズラッと咲き並んでいる。

 

この周辺から北西の薬師寺まで続く「あじさいロード」なんて知らなかったからそれは撮影していない。。。

桜の時期には大変混雑して車をどこに停めようか迷うほどなのに、7月上旬に訪れると閑散としていて人を見つけるのに苦労する。

仕事をサボったサラリーマンが車の中で寝ていたり、撮影しに行くと“あるある”な出来事にはいつものように遭遇する。

多いのはなんとか薬品とか、なんとかWAYとか、車に社名が記載されていてもお構いなしのご様子。

名称 烏帽子山公園のあじさい
(えぼしやまこうえんのあじさい)
見頃 6月下旬~7月中旬
規模感 ☆☆中
開園時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-40-2002/南陽市観光協会
アクセス 赤湯駅から車で5分程度
所在地 山形県南陽市赤湯1415

まほろばの緑道(高畠町)

高畠駅付近

駅周辺に咲くのは知っていたけど、タイミングがわからず・・・といっても桜じゃないんだから時期が時期なら大丈夫と思って訪れた7月中旬には終わりがかっていた。

 

なんとかいい場所を探してカメラを構えていたらタイミングよく新幹線がやってくる運のよさ。

ってわけでもなく、頻繁に往来している。

もう少し早い時期ならよかったかなぁ・・・

駅の東側と西側両方にあり。

浜田広介記念館

駅から続く「まほろばの緑道」を進むと「むくどりの夢館・温もりの湯」付近に突如紫陽花があらわれ、隣接した「浜田広介記念館」前には豪華に咲いている。

まぁ、車で行ったけど。

時期的にもベストと思われ、同じ高畠町内でもズレがあるようだった。

規模的にそれほど大きくはないものの、着物を着る女性が並んでいるような雅やかさを感じる。

色とりどりというより滑らかなグラデーションに染まっていて、ありそうでない鮮やかな美しさを目撃した。

名称 まほろばの緑道のあじさい
(まほろばのりょくどうのあじさい)
見頃 6月下旬~7月
規模感 ☆☆中
開場時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-57-3844/高畠町観光協会
アクセス 高畠駅からすぐ
浜田広介記念館までは高畠駅から車で数分
所在地 山形県東置賜郡高畠町一本柳2110

亀岡文殊

亀岡文殊に紫陽花?まさか、まったくイメージないぞ。

と言えるほど亀岡文殊を知らないので行ってみた。

本来の名称は大聖寺で、通常「亀岡文殊」として知られている。

亀岡文殊だけで1記事書けそうなので、それはまた後日として紫陽花は・・・

数か所あった。

境内の石段途中にピンポイントであったり、トイレ付近や本堂近く。

亀岡文殊ってウェブサイトがないので・・・情報収集が少し難しい。

本堂付近に咲く紫陽花が色を添えている。

ついでに本堂内に飾られた千羽鶴。

紫陽花を見に行く所ではないかな。

名称 松高山大聖寺・亀岡文殊
(こうしょうざんだいしょうじ・かめおかもんじゅ)
見頃 6月下旬~7月
あじさいの規模感 ☆小
参拝時間 7:00~16:00
料金 参拝無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-52-0444
アクセス 高畠駅から車で10分程度
所在地 山形県東置賜郡高畠町亀岡4028-1

松が岬公園(米沢市)

松が岬公園で紫陽花なんて聞いたことないぞ、というか今回の記事こんな事ばかり言ってるぞ、とまぁ知らない事ばかり。

公園内の上杉神社より北、探しに探してようやく見つかったお堀の近く、わざわざ来るほどでもない小規模の紫陽花はあるといえばあるのだが。

時期的に終わりなのか、こういうものなのかわからない・・・

でも構図的に嫌いじゃない写真だったりする。

名称 松が岬公園のあじさい
(まつがみさきこうえんのあじさい)
見頃 6月下旬~7月上旬かな・・・
規模感 ☆小
開園時間 24時間
料金 無料
駐車場 あり
問合せTEL 0238-21-6226/米沢観光コンベンション協会
アクセス 米沢駅から車で約7分
所在地 山形県米沢市丸の内1丁目4−13

最後に

あー疲れた。

こういう記事は疲れる。

まほろば古の里歴史公園にも咲いているはずだったのに、7月中旬にはほぼ終わっていた。

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2019 All Rights Reserved.