ひやま山荘お湯センター:謎秘めた泳げる大露天風呂を探索しました




赤倉な日山

赤倉温泉のすべての旅館は自家源泉で掛け流しをするという、桃源郷みたいな温泉地です。赤倉のほど近くにありますが、温泉地名が日山温泉なので厳密には赤倉温泉ではないようです。

ウェブサイトでは赤倉日山温泉としているので、まぁどっちでもいいかなと。

公衆浴場がない赤倉温泉なので、旅館の日帰り入浴を利用します。その中で「ひやま山荘」は積極的に受け入れる数少ない旅館のひとつといえます。

泳ぐか泳がないか

旅館の「ひやま山荘」と別棟(通路でつながっている)になっている「お湯センター」の、巨大プール露天風呂は「泳げるほど広い浴槽」ではなく、「泳ぐ際の水着着用禁止」なのです。

脱衣所の壁

入館するの巻

いつものような長い前フリはいいとして、お邪魔しました。

受付前ロビーはとても広く、軽食スペースっぽい場所もありました。

階段を降りると巨大な和室にカラオケセットがあります。ただし、ここは休憩所ではありません。

外観からは想像つかないほど広いです。

この昭和感がいいですね(故障中)↓

地下中2階的なスペースにはトイレと小休憩スペースがあり、こんな絵画も飾られています。

絵画のタイトルは不明ですが、きっと「昼下がりの懲罰志願妻」でしょうね。

プールな温泉

まずは内湯に入ると、湯面が光を反射させてキラキラ輝いています。自家源泉なので新鮮で、石膏臭がして先にカルシウムを感じる浴感です。

丁度良い湯加減で、体感41.5℃くらい。ここで温まったらもったいないので、早めに切り上げて隣の露天風呂に入浴します。

小さな浴槽が2つあり、一番奥に巨大プールの浴槽があります。

湯口から豪快に投入され、近づくと当然ながら熱いです。湯量が大変豊富なので、この広さでも新鮮さを感じます。

周辺の農地との境の壁は低く、丸出しな感じ。

さらに男女間の仕切りは湯面との間に隙間があり、バドミントンでもできそうです。

温泉を楽しむのにわざわざ泳ぐ人はあまりいないでしょうけど、泳ぐ前提になっている謎を秘めています。

無色透明なお湯は若干トロみがあり、温めです。かといって肌触りはキレがありヌルキシというかヌルスベな感じで芒硝っぽさを感知します。

ここで泳ぐなんてもったいないなぁ・・・

 

以下、主に日帰り入浴者用情報

施設名 ひやま山荘お湯センター
(ひやまさんそうおゆせんたー)
ジャンル 旅館、日帰り温泉
住所 山形県最上郡最上町富澤834-5
電話番号 0233-45-2816
源泉 ひやま山荘2号源泉
泉質 カルシウム-ナトリウム-硫酸塩温泉
効能 動脈硬化症、筋肉痛、関節痛、五十肩、神経痛、きりきず、やけど
慢性皮膚病、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、冷え性
慢性皮膚病、痔、病後回復期、疲労回復、健康増進
料金 大人500円、子供300円
営業時間 9:30~19:00
17:00~21:00は予約制(10人以上)
定休日 木・金曜日
駐車場
源泉掛流し 〇 湯使いなど詳細不明
サウナ ×
露天風呂
貸切風呂 ×
休憩所
食事処 〇 要確認
マッサージ ×
手ぶらデータ シャンプー類あり
備考

 

AD
【生薬のめぐり湯】




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!