ひじおりの灯 | 大蔵村・肘折




大蔵村の肘折地区と東北芸術工科大学がコラボ開催するアートプロジェクト。
学生や卒業生が制作した灯籠の絵「ひじおりの灯」は毎年張り変えられ、地元の旅館、土産店、公衆浴場、旧郵便局舎などを舞台に温泉街の夜を灯します。

明るくても十分楽しむことができます。
↓旧郵便局舎閉店中の写真ですが、日中でも一定時間オープンします。
hijiori3

↓夕方18時はじまってすぐ。暗くなる直前くらいです。
IMG_1550-001

 

↓正面
IMG_1551-001

↓内部。絵のタッチはある程度統一されているのかもしれない。
hijiori34

いきなり一つだけアニメキャラが描かれる奇抜なのはなさそう。

hijiori35

肘折から受けたインスピレーションを絵にしているのでしょう。

hijiori32

↓メイン会場?(つたや金兵衛湯治部屋)
hijiori27

幻想的な灯篭は、どこか内側から情念のようなものを感じて怖い。

IMG_1544-001

仙境霊湯といわれるだけあり、怪談のよう。

↓とある旅館前。それぞれの旅館入り口前に灯篭が灯されている。
hijiori23

公衆浴場上ノ湯にも
hijiori38

温泉街全体が一体化して「ひじおりの灯」のほか、あらゆるイベントが頻繁に開催されています。

名称 ひじおりの灯(ひじおりのひ)
開催地 山形県最上郡大蔵村南山字肘折
(温泉街、旧肘折郵便局舎、つたや金兵衛湯治部屋)
日程 2016年8月6日(土)~8月26日(日)
駐車場 なし 肘折いでゆ館の駐車場利用可(無料)
点灯時間 18:00~20:30
予算 無料
問合せ 0233-76-2211/肘折温泉観光案内所

 

 




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!