休暇村羽黒温泉 羽月の湯:羽黒山付近にある出羽三山をイメージした温泉




鶴岡市の休暇村羽黒で2018年11月に“開湯”した「羽月の湯(はつきのゆ)」に行ってみた。

霊峰・出羽三山のひとつである羽黒山の近くに温泉ができたから登山後に行きたい。

羽黒山激近

羽黒山登山入り口の出羽三山神社付近から車で5分そこそこで到着する場所に休暇村羽黒があり、訪れた日は宿泊者の車がたくさん駐車されていた。

場所は羽黒山の中腹にあたる。ちなみに温泉は1合目から引いているらしい。

冬だったので外観はこんな感じ。

休暇村というからきっと公共感ありありなのかと思いきや、中に入るとそうでもなかった。

入り口右手にはレストランがあり、11:30~利用できるという。

浴室に移動

エレベーターで2階に移動し、突き当りまで移動すると浴室入り口が見えてきた。

脱衣所は広く、ほとんどが鍵付きロッカーとありがたい。

入浴開始時間丁度に訪れたので誰もおらず、独泉状態。

法螺貝が湯口になって、流れる温泉がほとほとと流れる音が静かな浴室内に響いている。

人の動きを感知するセンサーが取り付けられていて、湯が流れ出る仕組みになっているらしい・・・浴室を見た時には流れていたので、センサーは入り口にあるんだろうか。

とか言いながらまずは洗う。

そして入浴へ

PH8.4なせいかなんとなくヌメッとしていなくもない。

塩素臭がするといえばする。

という感じ。

成分表を見てみると、成分は178.5mg/kgと少ない。さらに泉温13.5℃と低い。

これって温泉なのか?

温泉とは?

1、源泉温度が25℃以上であること。

2、水温にかかわらず、以下19種の成分のうち、いずれか1つ以上のものを含むもの。(含有量は1kg中)

  1. 溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
  2. 遊離炭酸(CO2) 250mg以上
  3. リチウムイオン(Li+) 1mg以上
  4. ストロンチウムイオン(Sr2+) 10mg以上
  5. バリウムイオン(Ba2+) 5mg以上
  6. フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+) 10mg以上
  7. 第一マンガンイオン(Mn2+) 10mg以上
  8. 水素イオン(H+) 1mg以上
  9. 臭素イオン(Br) 5mg以上
  10. 沃素イオン(I) 1mg以上
  11. フッ素イオン(F) 2mg以上
  12. ヒ酸水素イオン(HAsO42-) 1.3mg以上
  13. メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
  14. 総硫黄(S)[HS,S2O32-,H2Sに対応するもの] 1mg以上
  15. メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
  16. メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
  17. 重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
  18. ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
  19. ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上

ってことは?

温泉成分が極端に低くても、25℃以上あれば温泉になる。

「羽月の湯」は、「16.メタけい酸」が72.6㎎あるので温泉に適合する。

療養泉とは?

ついでに療養泉について。

1、源泉温度が25℃以上であること。

2、水温にかかわらず、以下8種の成分のうち、いずれか1つ以上のものを含むもの。(含有量は1kg中)

  • 溶存物総量(ガス性のものを除く) – 1000mg
  • 遊離二酸化炭素 – 1000mg
  • Cu2+ – 1mg
  • 総鉄イオン(Fe2++Fe3+) – 20mg
  • Al3+ – 100mg
  • H+ – 1mg
  • 総硫黄([HS,S2O3,H2Sに対応するもの)- 2mg
  • Rd – 111Bq

ってことは?

羽月の湯は温泉に適合するが、療養泉には該当しない。

だから泉質名がないのだそうだ。

単純温泉にも該当しない。

単純温泉とは?

源泉温度の条件のみ満たした温泉のこと。

それはいいとして

羽月の湯は羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山をイメージした温泉で、泉質はメタケイ酸を含んだアルカリ性で、美肌効果や疲労回復の効果が期待できる。

とか書いてあった。

でも、そんなことはどうでもいいのです。

温泉は気分がよければそれでいい。

気分がよくてホラガイから湯が流れてきたら、それでいいのです。

湯上りコーナー

浴室を出たところには湯上りコーナーがあり、レモン水と庄内麦茶が用意されていた。

庄内麦茶とは何ぞやと、グビグビ飲みまくってソファーに座りつつ棚に置いてあった写真雑誌を読みまくって寛げるだけ寛ぎました。

編集:フォロワー様

以下、日帰り温泉客向けの情報です。

施設名 休暇村羽黒温泉 羽月の湯
(きゅうかむらはぐろおんせん はつきのゆ)
URL https://www.qkamura.or.jp/haguro/
ジャンル 宿泊施設
アクセス 鶴岡駅から車で約25分
電話番号 0235-62-4270
源泉 休暇村羽黒源泉
泉質 泉質名なし
効能(適応症) 関節リュウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫
運動麻痺における筋肉のかわばり、冷え性、抹消循環障害、胃腸機能の低下
軽症高血圧、耐糖能異常、軽いコレステロール血症、軽い肺気腫、痔
自律神経不安定症ほか
源泉掛流し(湯使い) 不明
料金 大人600円 小人300円
日帰り入浴営業時間 12:00〜16:00
定休日  
駐車場
サウナ ×
露天風呂 ×
貸切風呂 ×
休憩所 × 休憩スペースあり
食事処
マッサージ ×
手ぶらデータ シャンプー類あり
備考 鍵付きロッカーあり
住所 鶴岡市羽黒町手向字羽黒山8番地




シェアすると編集者が泣いて喜びます

お焚き上げをネットで頼もう!