「フォーレスト蔵王温泉」 四季折々に変化する森林を四角に切り取ってみる。

露天風呂




全体が独特のどんよりした雰囲気に包まれている蔵王温泉街には、雪が降り始めたせいか人が少ないようです。

どこの温泉街にも感じるこの独特の空気感は不景気だからでしょうか?まぁいいけど。

蔵王温泉街のメインストリートから少しだけ下ったところに「フォーレスト蔵王温泉」があります。今日はこちらで日帰り入浴することに。

フォーレスト蔵王温泉は360度森林に囲まれたビューリゾートホテルで、2015年の冬に新規オープンしました。雄大な蔵王山景の景色と露天風呂を備えた自然を楽しむことができる温泉がその魅力です。

外観

外観

駐車場に隣接して足湯があり、透明で新鮮なお湯が「足湯だけでいいの?」と誘いに誘ってきます。

足湯

足湯

お昼近かったせいか受付ロビーは静かでしたが、丁寧に対応して案内までしてくれました。

ロビー

ロビー

階段かエレベーターで地下に降りて脱衣所に入ります。綺麗で広いその場所には誰もおらず、完全にお風呂を独占させてもらうなんてラッキーでしかないのでした。

ここに来てようやくタマゴ臭がしてきます。

脱衣室

脱衣室

何十人はいれるの?っていうほどに広い大浴場には、湯口からドバドバお湯が流れてきます。

循環してる?と思いきや、一切それはないのだそうです。

確かにたくさんオーバーフローしていましたが、浴槽の下に吸い込み口もありました。

湯気が凄い・・・

大浴場

大浴場

湯花?と思われる白い沈殿物が湯の底に集まっていて、手に取ることまでできました。

こんな感じ。手が変色してキモい。

沈殿物

沈殿物

大浴場と露天風呂はつながっておらず、一度服を着てから移動します。

露天風呂の脱衣所は畳敷きになっていて、なんと畳敷きの洗い場を通り過ぎて、その奥に露天風呂があるのでした。

カラン

カラン

総檜造りの露天風呂からは四季折々に変化する山の景色を眺めることができ、森林を完璧な構図で四角に切り取ります。

切り取られた森林

切り取られた森林

大浴場と同じ透明なお湯が掛け流され、どちらかというと露天の方が浴槽が小さい分、新鮮さがある気がします。

強酸性の硫黄泉なのに肌をこするとツルツルしています。

さらにこのタマゴ臭がたまらないのでした。

以下、主に日帰り入浴についての情報

施設名 フォーレスト蔵王温泉(ふぉーれすとざおうおんせん)
ジャンル 旅館、日帰り温泉
住所 山形県山形市蔵王温泉963
電話番号 023-666-6525
源泉 上の川源泉
泉質 酸性-マグネシウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛
関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期
疲労回復、健康増進ほか
料金 大人600円、小学生以下300円
営業時間 10:00~16:00
定休日 無休
駐車場
源泉掛流し 〇 加水あり
サウナ ×
露天風呂
貸切風呂
休憩所 ×
食事処 ×
マッサージ ×
手ぶらデータ シャンプー、リンス、ボディソープ
備考

 




露天風呂

シェアすると編集者が泣いて喜びます