山形のオススメ「温泉旅館の日帰り入浴3選」2020

 







この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得

最近それほど温泉には行ってないので、こんな記事を書くのはこれで最後かもしれない。

毎年やってる企画だったのでいずれ限界は来るわけで。

以前まで年末特集的に扱ってきたものの、よく考えたら年始向けな企画なので正月にやってみる。

※順位ではありません

蔵王四季のホテル

温泉街の南に位置し、ホテル内には大浴場や露天風呂があり、また、離れ湯があるのでホテルから外に出て百八歩歩いたところに「離れ湯 百八歩」、煩悩の数と同じ意味深な湯があった。

平日の昼間から行ったら誰もいなくて気分よろしいのは言うまでもない。

内湯を早めに終わって露天でしばらく時間を過ごした。

蔵王温泉本来の無色透明な湯に浸かり、硫黄臭が身体をまとう気持ちよさ。

煩悩を洗い流そう。。。

詳しくはこちら

施設名蔵王四季のホテル(ざおうしきのほてる)
ジャンルホテル
住所山形市蔵王温泉1272
電話番号023-693-1211
源泉近江屋1号、近江屋2号源泉
泉質酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
効能きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛
関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期
疲労回復、健康増進ほか
料金800円(湯めぐりこけし2枚)
営業時間10:00~15:00(掃除12:30~13:00)
定休日
駐車場
源泉掛流し
サウナ
露天風呂
貸切風呂×
休憩所×
食事処×
マッサージ×
手ぶらデータシャンプー類
備考離れだからと無断での入浴はやめましょう

たびやかた嵐湯

出川っちの充電旅を見ていたら明石家さんと一緒に「嵐の湯」を訪れていたので、久々に再訪した。

「嵐の湯」は、十五種類の薬石を床に敷いて、そこに温水を通して熱を加えている。薬石は熱と共に大量のミネラルを発散させるという。

薬石の上に寝たり、まったりして過ごす。

その前に、温泉に入浴するんだけど、この温泉はまたいい感じ・・・

浴槽
浴室

詳しくはこちら

施設名たびやかた嵐湯(あらしゆ)
ジャンル日帰り温泉、旅館
住所山形県東根市温泉町1丁目9−22
電話番号0237-42-0054
源泉東根温泉共同組合15号泉
泉質ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛
五十肩、きりきず、やけど、虚弱児童、運動麻痺
関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病
冷え性、痔疾、病後回復、疲労回復、健康増進
料金820円(温泉のみ、中学生以上)
410円(温泉のみ、小学生以下)
1450円(嵐の湯、中学生以上)
730円(嵐の湯、小学生)
540円(嵐の湯、小学生未満)
営業時間AM5:00~PM6:30まで受付(日帰り入浴)
定休日なし
駐車場
源泉掛流し〇 循環・消毒あり
サウナ×
露天風呂〇 女性のみ
貸切風呂×
休憩所〇 10:00~14:00
食事処〇 11:00~13:30
マッサージ×
手ぶらデータリンスinシャンプー、ボディソープ

大平温泉 滝見屋

この温泉は秘境にあり、山奥の奥にある。

旅館手前の指定駐車場で車を降り、間もなくあるかと思ったらしばらく歩いて坂道を降りなければいけない。これって・・・帰りは地獄なのだ。

温泉で汗を流したあと、帰りは汗だくになる。

旅館・滝見屋の電気は自家発電、宿泊者は部屋にテレビも電話もなし。スマホも通じない。

完全に時間が止まったかのようになる・・・

詳しくはこちら

 

施設名大平温泉 滝見屋
(おおだいらおんせん たきみや)
URLhttp://takimiya.blogdehp.ne.jp/
ジャンル温泉宿泊施設
アクセス米沢駅から車で約45分
駐車場から徒歩約20分
電話番号0238-38-3360
源泉大平1号源泉(露天風呂)
泉質カルシウム-硫酸塩泉
効能(適応症)関節リュウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫
運動麻痺における筋肉のかわばり、冷え性、抹消循環障害、胃腸機能の低下
軽症高血圧、耐糖能異常、軽いコレステロール血症、軽い肺気腫、痔
自律神経不安定症ほか
源泉掛流し(湯使い)掛け流し(加水・加温なし)
料金大人500円 子ども250円
日帰り入浴営業時間9:30~15:30
休業日11月頃~4月頃 
駐車場
サウナ×
露天風呂〇 日帰りは露天のみ
貸切風呂×
休憩所× 
食事処×
マッサージ×
手ぶらデータ洗い場なし
備考ロッカーなし、スマホ電波入らず
例年の紅葉の見頃10月中旬
住所山形県米沢市李山12127

まとめ

たぶんこの企画は最後

とか言いながらまたやったりするかもよー

この記事を書いている人 - WRITER -
武田編集長
CLIP山形 編集長選抜総選挙で1位を獲得







Copyright© CLIP山形 – クリップヤマガタ , 2020 All Rights Reserved.